徳島でまた爆発、ビルのドア壊れる 連続爆破事件か

10月14日12時42分配信 産経新聞

 徳島県警に入った連絡によると14日午前、徳島市南内町にある徳島県日中友好協会が入っているビルの入り口付近で爆発があり、ドアの一部が壊れた。同県警で被害の状況を調べている。

 徳島市内では13日午前にも、創価学会徳島文化会館で、正面入り口のドアや天井の一部が壊れているのが見つかった。同県警は、近所の人が早朝に爆発音のような音を聞いていたことや現場の状況などから、何者かがドアの取っ手近くに爆発物のようなものを仕掛けた建造物損壊事件とみて捜査を始めたばかりだった。


徳島で連続爆破事件 創価学会施設など2カ所
2008年10月14日13時16分 朝日新聞

 13日から14日にかけて、徳島市内の創価学会徳島文化会館と雑居ビル1階の玄関が爆発物を使って壊されているのが相次いで見つかった。いずれも、ガラスドアの破片などが放射状に飛び散っていた。県警は連続爆破事件とみて14日、徳島東署に捜査本部を設置した。けが人はいなかった。

 県警によると、創価学会徳島文化会館(同市南沖洲5丁目)では13日午前8時55分ごろ、出勤した職員が玄関のガラスドアが壊されているのを発見。近所の住民によると、同日午前4時半ごろ、破裂音を聞いたという。徳島県創価学会の下村儒寛(とし・ひろ)・広報部長は「脅迫や犯行声明のようなものはなく、心当たりはない」と話している。

 また、14日午前9時ごろ、同文化会館から北西に約3キロ離れた4階建て雑居ビル(同市南内町1丁目)で、入居している徳島県日中友好協会の職員が、玄関ドアが壊されて破片が天井などに飛び散っているのを見つけた。同ビルは週末の11日から14日朝まで無人だった。同ビルは、故三木武夫元首相の長女で元参議院議員の高橋紀世子氏らの所有。1、2階が高橋氏の事務所で、日中友好協会は3、4階を借りている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-14 12:42 | 社会  

<< タイとの戦争を警告 国境紛争で... タトゥーを消したがる女たち >>