自・民の一部で新党も=衆院選後に-森元首相

2008/10/14-22:14 時事通信

 自民党の森喜朗元首相は14日夜、埼玉県三郷市で講演し、次期衆院選後の政治情勢について「政局の大変動を意図している人たちもいないわけではない。(そういう人は)民主党の一部と自民党の一部が協力し、新しい党をつくることを考えている節もないわけではない」と述べ、自民、民主両党の一部議員による新党結成の可能性を指摘した。 

 森氏は、自民、民主いずれが比較第一党になるかなど、新党結成に発展する場合の具体的な状況については言及しなかった。

 また、森氏は、民主党の小沢一郎代表が2大政党制を目指す考えを示していることに関し、「あの方は基本的に公明党が嫌いで、根底は『切ってしまえ』という考えだ」と指摘。その上で、「(次期衆院選で)自民党だけ、民主党だけで過半数を取るのはなかなか難しいので、公明党が重要な役割を担う」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-14 22:14 | 政治  

<< 人権活動家の妻子、五輪の前日に... 総選挙 自民幹事長、11月下旬を示唆 >>