わくわく?閉鎖油田から油噴出 秋田

2008年10月17日1時33分 朝日新聞

 約40年前に閉鎖された秋田市上新城道川の油田から油が噴き出している。1日280リットルほどわき続け、半年でドラム缶220本分にもなった。

 3月、水路に真っ黒な油が流れ出ているのを地主の大渕長一郎さん(86)が見つけた。これまでも少しずつしみ出ていたらしい。

 実はこの油、かつて採掘していた会社が調べたが、売り物にはならない粗悪品。市は油田をふさぐ予定だが、5千万円近くかかる。「宝の井戸かと思ったんだけど……」と大渕さん。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-17 01:33 | 社会  

<< 比女性ビザ、倉田副大臣口利き ... NY原油、一時70ドル割れ >>