<小泉元首相>苦言「もっと早く解散なら勝算あった」

10月17日22時50分配信 毎日新聞

 自民党の小泉純一郎元首相は17日夜、東京都内で同党当選1回の議員9人と会談した。出席者によると、小泉氏は衆院解散・総選挙の時期について、「今の経済情勢を考えると、もっと早く解散した方が勝算があった。先延ばししてもいいことはない」と述べ、臨時国会冒頭での解散に踏み切らなかった麻生太郎首相の判断に疑問を示した。

 また小泉氏は「解散時期は首相にならないとわからない判断がある」と述べる一方で、「今の麻生政権のままでは厳しい。小池百合子元防衛相が首相ならサプライズはあった」と指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-17 22:50 | 政治  

<< 読売旅行の写真無断掲載「数千点... タイ首相、辞任・解散改めて拒否... >>