汚染粉ミルクで日本人初の被害=2歳男児、腎臓結石に-中国

10月18日19時54分配信 時事通信

 【北京18日時事】中国山東省に住む日本人の2歳男児が有害物質メラミンの入った粉ミルクを飲んだ結果、腎臓結石になったと診断されていたことが18日、関係者の話で分かった。汚染粉ミルクで日本人の被害が明らかになったのは初めて。北京の日本大使館によると、この男児の症状は重くないという。


日本人2歳児もメラミン粉ミルクで腎臓結石
10月18日19時26分配信 読売新聞

 【北京=佐伯聡士】北京の日本大使館は18日、中国の地方都市に住む2歳の日本人幼児が、有害物質メラミンの混入が問題になった「三鹿集団」(河北省)の粉ミルクを飲んで、腎臓結石にかかっていたことを明らかにした。

 粉ミルク汚染被害で、日本人が腎臓結石にかかったことが確認されたのは初めてという。

 大使館によると、この幼児の母親が2年間、同集団製の粉ミルクを飲ませていたことから心配になって、約1か月前に病院で検査したところ、腎臓結石が発見された。症状は重くなく、入院はせずに水分を多めにとるなどして経過を観察しているという。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-18 19:54 | アジア・大洋州  

<< 前大統領の疑惑で機密公開か=「... 大阪駅通り魔…被害妄想の女の勝... >>