大島巡業部長が朝青に“引退勧告”

10月19日8時1分配信 スポーツ報知

 日本相撲協会巡業部の大島部長(元大関・旭国)は18日、モンゴルで左ひじの治療を続け、巡業を休場している横綱・朝青龍(28)=高砂=に“引退勧告”を突き付けた。

 来日を当初予定していた20日から27日へと延長した朝青龍について、京都巡業の朝げいこ終了後、「下半身ならまだしも腕のけがでずっと休むのはおかしい。土俵入りはできる。お客さんをバカにしている。中途半端は困る。やる気がないなら引退するとかね」と切り捨てた。“看板”の突然の休場で勧進元から苦情が続出していることが、厳しい態度の背景にあるようだ。

 朝青龍は九州場所(11月9日初日・福岡国際センター)を休場することが濃厚。大島部長は「それでも九州後の冬巡業に出るのは当然。(朝青龍の師匠)高砂親方と話をするかも」と特別待遇を許さない姿勢だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-19 08:01 | スポーツ  

<< 真露「J」は宝酒造「JAPAN... 中田英寿が“ワインに合う”ビス... >>