武田が業績予想を大幅上方修正、国内の医薬品が好調

10月20日18時36分配信 ロイター

 [東京 20日 ロイター] 武田薬品工業は20日、2008年4―9月期業績予想の大幅な上方修正を発表した。国内の医薬品売り上げが好調だったほか、為替レートが想定よりも円安で推移したことが寄与した。

 連結売上高は7600億円を8050億円(前年同期比13%増)、営業利益は500億円を850億円(同68%減)、当期利益は500億円を700億円(同68%減)にそれぞれ引き上げた。

 為替レートは、1ドル=100円、1ユーロ=155円を想定していたが、それぞれ106.11円、162.68円と円安での推移となった。 

 通期予想については、11月4日の決算発表時に発表するとしている。同社は4―6月期決算時には通期業績予想を上方修正している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-20 18:36 | 経済・企業  

<< <経団連・連合会談>金融危機の... 三浦元社長は他殺と結論 弁護側... >>