衆院選 全自民候補を推薦へ 群馬県建設業協会

10月22日8時6分配信 産経新聞

 県建設業協会の小島秀薫会長は21日、次期衆院選への対応について、5選挙区すべてで自民党公認候補を推薦することを明らかにした。16日の常任理事会で決定したといい、推薦理由について、小島会長は記者団に、「社会資本整備が減り続ける中、歯止めをかけてくれるのは自民党だと期待している」と述べた。

 小島会長は、推薦を決めるにあたり、異論はなかったことを強調。長野原町に建設中の八ツ場ダムについて、民主党が否定的な見解を示していることに触れ、「われわれには受け入れられないことだ」とも述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 08:06 | 政治  

<< グアンタナモ収容所の閉鎖、次期... 「日教組批判」に文科相一部同調 >>