「自民の前途明るくない」 北朝鮮の党機関紙

2008年10月21日 12:41 USFL.COM

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は21日、日本の最近の政局について、自民党は総選挙の時期をめぐり野党や連立を組む公明党から衆議院早期解散の圧力を受け「きゅうきゅうとしている」とした上で「自民党の前途は明るくない」とする論評を掲載した。

 論評はまた、自民党が「次回の総選挙で(議席の)3分の2以上を獲得できる保証はなく、政権から退けば事実上、破産(破滅)と変わりない事態になろう」と指摘した。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-21 12:41 | 政治  

<< エンセン井上容疑者を逮捕=車内... 「道徳教育を阻害」=日教組を批... >>