中国の結婚披露宴で食中毒が相次ぐ

10月22日12時37分配信 ロイター

 [北京 21日 ロイター] 北京郊外の同じレストランで17日と18日に行われた結婚披露宴で、約250人の出席者のうち少なくとも60人が食中毒になり、数日内に病院に搬送された。

 新京報は「結婚披露宴で嘔吐(おうと)や下痢に見舞われたことをほかの人に話さなければならないなんて恥ずかしかった」とのある村人のコメントを伝えた。

 中国では今月に入って、河北省で行われた結婚披露宴でも塩と間違えてさび取り剤が入れられた料理を食べ、約170人の招待客が食中毒となっていた。

 さらにその前日には、中国北西部に位置する甘粛省の結婚披露宴で、ゲスト61人が食中毒に見舞われた。

 中国では近年、食の安全が揺らいでおり、最近では汚染された粉ミルクにより多くの乳幼児に健康被害が出ており、4人の赤ちゃんが死亡したことも報告されている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 12:37 | アジア・大洋州  

<< 暴力団とゴルフ、歌手5人の紅白... 早食いの人は太りやすい可能性=研究 >>