東証、8千円割れ寸前まで下落 世界同時株安の連鎖再燃

2008年10月23日 10時47分 共同通信

f0013182_11381887.jpg 23日の東京株式市場は全面安となり日経平均株価の前日終値からの下落幅は一時、658円まで拡大し、平均株価は8000円割れ寸前まで下落した。前日の米ニューヨーク株式市場の終値は8500ドル台に急落し欧州株も軒並み大幅に下落。世界同時株安の連鎖が再燃した。午前10時現在は、前日比615円03銭安の8059円66銭。東証株価指数(TOPIX)も55・26ポイント安の833・97。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 10:47 | 経済・企業  

<< 東京円急騰、一時7か月ぶりの1... 小沢代表、体調不良でインド首相... >>