海外有名ファッションブランド、韓国から撤退続出

2008年10月23日08時20分 朝鮮日報

 衣料メーカーが長期不況の直撃を受けている。海外の有名ブランドが続々と韓国事業から手を引く中、韓国国内の婦人服、紳士服、子供服メーカーの中にも不渡りを出す企業が続出している。

 22日に流通・ファッション業界が明らかにしたところによると、ロッテ百貨店に入店していた140の海外有名ブランドのうち五つのブランドが、今秋の売り場改装時に韓国事業から撤収した。マリナ・リナルディ、ア・プリオリ、バスラーなどが秋の売り場改変を契機として韓国事業を整理し、日本のブランド、ミキモトも韓国での事業を終了した。

 韓国での売り場の数を減らす海外ブランドも増えている。海外の有名ブランドだけを扱うロッテ百貨店のAVENUEL(ソウル小公洞)に入店していたマーロは、この売り場から製品を撤去。またアンテ・プリマ、マックスマーラ、ミッソーニは、ロッテ百貨店蚕室店から撤収した。

 韓国の衣料メーカーも、状況の深刻さは同様だ。ファッションネット、男性紳士服ブランドのトラッドクラブが不渡りを出したのに続き、最近ではマタニティ&ベビーブランドのベビー・ヒーローズが事業をたたんだ。ファッションネットの不渡りで、新世界百貨店に入店していた同社のファッションブランドのマリ・クレール、イージーエヌなどが撤収した。

 トラッドクラブもまた、ロッテや新世界など主な百貨店から撤収し、ロッテ百貨店と新世界百貨店に入店していたベビー・ヒーローズも百貨店の売り場での取り扱いを中止した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 08:20 | アジア・大洋州  

<< アルゼンチン国債が急落、年金基... 手足口病流行で乳児3人が死亡=福建省 >>