タイの新聞、強姦関連記事が急増

2008/10/23 (05:17) newsclip.be

 【タイ】タイの新聞が過去10年間に取り上げたセックス関連記事のうち、約3分の2が強姦もしくは性的暴力に関する内容だったことが、マヒドン大学の調査で明らかになった。

 タイの新聞が1998年―2007年に取り上げたセックス関連記事1万7529本の内容を同大学が調べたところ、最も多かったのは強姦の記事で全体の38%を占め、以下、性的暴力26%、性病予防・衛生12%、性教育9%、中絶5%などだった。

 2005年まで毎年数百件程度だった強姦関連記事は、06年1400件、07年1500件と急激に増加しているが、これはインターネットの普及に伴いチャットなどで知り合った男女の間で強姦事件が多発していることや、カメラ付き携帯電話でわいせつ写真・動画を撮影して脅迫するケースが急増しているためとみられる。また、ドメスティック・バイオレンスに対する社会的な関心の高まりを受けて、以前はあまり報道されることのなかった地方の近親強姦などが頻繁に報じられるようになったことも大きな要因となっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 05:17 | アジア・大洋州  

<< 手足口病流行で乳児3人が死亡=福建省 順天堂、慈恵医科大、慶応…大病... >>