麻生vs北海道新聞女記者…連夜の豪遊批判に激怒

ZAKZAK 2008/10/22

 連夜のようにホテルのバーなどで会合をこなしている麻生太郎首相に対し、22日午後、記者団の1人が「1晩で何万円もするような高級店に行っているが、庶民感覚と懸け離れている」と苦言を呈したことで、バトルが勃発した。

 首相に噛み付いたのは、北海道新聞の首相番の女性記者。これに対し、首相は「庶民っていう定義を北海道新聞はよく使われるのですか。あなたは今、高級料亭毎晩みたいな話で作り替えていますけど、それは違うだろう」と激怒。「たくさんの人と会うときに、ホテルのバーっていうのは、安全で安いところだという意識が僕にはある」などと反論した。

 さらに、「例えば、安い所に行ったとしますよ。周りに30人の新聞記者がいるのよ、あなたも含めて。警察官もいるのよ。『営業妨害』って言われたら何と答える? 今聞いてんだ。ふふふ」などと、得意の逆質問をまくし立てた。

 結局、首相は「ホテルは一番、人から文句が言われない。これまでのスタイルだし、これからも変えるつもりはない」と明言。飲食費については「幸いにして自分のお金もありますから、自分で払っています」と、ポケットマネーであることを強調した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-22 12:00 | 政治  

<< 早食いの人は太りやすい可能性=研究 <訃報>岩本えり子さん56歳=... >>