カップラーメンから防虫剤成分、嘔吐や湿疹…神奈川・藤沢

10月23日16時27分配信 読売新聞

 神奈川県藤沢市保健所によると、市内の高齢の男女2人が食べたカップラーメンから防虫剤に使われるパラジクロロベンゼンが検出された。

 食べた5分後に嘔吐(おうと)し、約20分後に舌のしびれと湿疹(しっしん)が出たという。いずれも市内のスーパーで購入したもので、2人とも入院はしておらず、現在は日常生活に戻っている。

 21日に届け出があり、同保健所は23日、藤沢署に連絡した。

 同保健所は23日午後5時から市役所で記者会見する。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 16:27 | 社会  

<< ミシュラン片手に日本観光を=ガ... 「落札額は月1円」 全国19県... >>