「カップヌードル」から防虫剤 女性が舌にしびれ

10月23日18時17分配信 産経新聞

 日清食品の「カップヌードル」を食べた神奈川県藤沢市の女性(67)が嘔吐(おうと)や舌のしびれを訴え、スープから防虫剤「パラジクロロベンゼン」が検出されたことが23日、分かった。藤沢市が同日発表した。女性は軽症だという。

 厚生労働省によると、カップヌードルは日本の工場で作られたという。パラジクロロベンゼンはタンスの中の衣服の防虫用などに使用される。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 18:17 | 社会  

<< 「領土と商業、区別すべき」「過... 尾辻氏「猟官運動だ」 医療制度... >>