YouTube が JASRAC と音楽著作権の包括利用許諾契約を締結

10月23日17時3分配信 japan.internet.com

動画共有サイト「YouTube」は2008年10月23日、音楽著作権管理事業者である社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)との間で、JASRAC が管理する楽曲の YouTube における利用に関する包括的な利用許諾契約を締結した、と発表した。

YouTube はすでに、株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)、株式会社イー・ライセンス(e-License)とも包括利用許諾契約を締結しており、日本で最大の楽曲数を管理する JASRAC による許諾が加わることにより、ライセンス取得済みの音楽著作物(曲および歌詞)の範囲が国内最大級のオンラインサービスとなる。(同社調べ)

この契約による許諾は、レコード会社が制作するミュージックビデオ等の公式コンテンツにおける楽曲の利用、ユーザーが作成するオリジナルビデオにおける楽曲の利用を含む、YouTube のサービス一般における管理楽曲の利用を対象としている。

「JASRAC」笑いのめすビデオ YouTubeで人気 (2007年02月17日)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-23 17:03 | 社会  

<< 尾辻氏「猟官運動だ」 医療制度... 東芝が仏電力会社と原発の長期保... >>