給食からライフル弾の破片=エゾシカ肉に-北海道

10月24日18時5分配信 時事通信

 北海道釧路市立中央小学校で、給食に出されたエゾシカの肉からライフル銃の弾丸の破片が見つかったことが24日、分かった。同市教育委員会は、シカ肉供給業者に対し金属探知機による検査強化を要請する方針。

 市教委学校給食課によると、23日昼の給食時、3年の男子児童が器に盛られたシカ肉に異物が混じっているのを見つけ、担任教諭に申し出た。異物は銅製のライフル弾の破片で、長さ約7ミリ、厚さと幅は約2ミリ。

 同日は市内29校でシカ肉が給食に出されたが、破片はほかには見つからず、けが人はなかった。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-24 18:05 | 社会  

<< 伊良部元投手を起訴猶予=飲食店... フィリピン格安航空乗り入れへ=... >>