大阪ひき逃げ 中3女子を逮捕 軽ワゴンで男性はねる

10月18日23時53分配信 毎日新聞

 大阪市淀川区で18日未明、軽ワゴン車にはねられた男性が約180メートル引きずられ重傷を負った事件があった。放置された車のナンバーなどから大阪府警交通捜査課と淀川署は18日夜、道交法違反(ひき逃げ、無免許運転)と自動車運転過失傷害の容疑で、車を運転していた同府豊中市内の中学3年の女子生徒(14)を逮捕した。「無免許でけがをさせたので怖くなり、逃げた」と容疑を認めているという。

 同署の調べでは、女子生徒は同日午前2時55分ごろ、父親の軽ワゴン車を運転し、淀川区新北野1の国道交差点を自転車で横断中の豊中市服部本町1、飲食店従業員、村中文夫さん(58)をはね、そのまま逃げた疑い。村中さんは車の底部に巻き込まれたまま約180メートル引きずられたらしい。村中さんは勤務先から帰宅途中だったという。

 女子生徒は友人の豊中市内の中学2~3年の男子生徒3人と車に乗り、運転していたという。4人は18日午前0時ごろ、女子生徒宅に集まった後、車の鍵を勝手に持ち出したという。車は女子生徒の父親が、普段は自宅前に駐車していた。18日朝、父親が車がないのに気づき、府警に盗難届を出していた。

 同署が車のナンバーから父親を特定し、同日昼過ぎに訪れ、自宅にいた女子生徒を任意同行して事情を聴いたところ、容疑を認めたという。同乗していた男子生徒3人からも事情を聴いた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-18 23:53 | 社会  

<< 中田英寿が“ワインに合う”ビス... 前大統領の疑惑で機密公開か=「... >>