日本人が選ぶパスタの定番、今や「カルボナーラ」

10月25日10時0分配信 オリコン

 10月25日が“世界パスタデー”だということをご存知だろうか? この日はパスタの魅力を広くアピールすべく1998年より制定された記念日とされるが、オリコンではこれに合わせて『好きなパスタ料理』についてアンケート調査(複数回答可)を実施。その結果、コクのある味わいが人気の【カルボナーラ】(47.0%)が1位を獲得した。昔から馴染みの深い【ミートソース】や【ナポリタン】ではなく、日本人が選ぶパスタの定番は今や【カルボナーラ】のようだ。

 【カルボナーラ】は男女別、世代別の全ての部門で堂々の1位に。濃厚なソースのクリーミーな口当たりと、コショウのアクセントが人気で「パスタとソースの絡み具合が絶妙でとても美味しい」(千葉県/40歳/男性)、「ベーコンの香ばしさとコショウの辛みが、まったりとしたソースと合ってたまらない」(神奈川県/20代社会人/女性)と多くの日本人の舌を虜にしているようだ。

 2位は「昔から食べていているし、やっぱり一番口に合う」(東京都/専門・大学生/男性)と家庭でもお馴染みの【ミートソーススパゲティ】(34.5%)。ひき肉とトマトソースの相性はバッチリで「悩んだ時はミートソースを頼んでしまうことが多いですね」(東京都/30代/男性)というように、やはりまだまだ“定番の味”は健在だ。

 続く3位は【ペペロンチーノ】(32.0%)。ニンニクにオリーブ油、唐辛子と食材はシンプルながらも奥が深く「素朴ではあるが店の腕が解るのはこのパスタだと思う」(埼玉県/30代/女性)、「作るのが難しくて、美味しいペペロンチーノに出会った時はとてもうれしい」(和歌山県/30代/男性)とのコメントが多数を占めた。

 4、5位に登場したのは、あの“プチプチ感”がたまらない和風の【たらこスパゲティ】(28.6%)と【明太子スパゲティ】(25.8%)。7位には「昔から母がよく作ってくれた味なので」(三重県/30代/女性)と懐かしの味【ナポリタン】(18.8%)がランクインした。

 パスタは『洋風と和風どちらが好きか?』の質問でも、約8割が【洋風】(76.4%)を支持したように、【カルボナーラ】や【ペペロンチーノ】といったパスタ料理を好む人が多かった今回の調査。今晩は年に1度のパスタデーを意識しながら、お気に入りのパスタに舌鼓を打ってみては?

(10月14日~10月17日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女、各100人、合計1000人にインターネット調査したもの)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-25 10:00 | 社会  

<< タイ観光にかげり 反政府デモの影響も バリ島テロ実行犯の処刑日決まる >>