「夜景がきれい…」寺院敷地に侵入、巡査ら2人逮捕…愛知

10月26日15時22分配信 読売新聞

 26日午前0時50分頃、名古屋市守山区の寺院「倶利加羅(くりから)不動寺」から、男2人が境内に侵入したと110番があり、駆け付けた守山署員が愛知県小牧市古雅、建築作業員水谷允弥(まさや)容疑者(24)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。

 さらに約4時間後、逃走していた県警港署地域課巡査の同所、谷内洋介容疑者(25)も同容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、2人は寺の駐車場に車を止め、柵などを乗り越えて、高台にある寺院の敷地内に無断で忍び込んだ疑い。谷内容疑者はパトカーを見て逃走し、寺の裏山を徒歩で越え、タクシーで自宅まで戻っていた。2人は幼なじみで、「夜景がきれいだと聞き、やって来た」と供述しているという。

 署員が逮捕されたことについて、港署の岩田聖一副署長は「誠に遺憾です。今後、職員の指導を徹底し、再発防止に努めます」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 15:22 | 社会  

<< ダイムラー、一部の新車生産を1... 「黒デスクトップ事件」、国家版... >>