110番自販機また落書き被害、同一犯か 愛知・豊橋

2008年10月26日20時10分 朝日新聞

f0013182_0475053.jpg 愛知県豊橋市岩田町の岩田運動公園内に全国で初めて設置された110番通報ができる「おたすけ自動販売機」が26日、また落書きされているのを警察官が見つけた。設置3日後の13日にも、「監視社会」「監視」と落書きされたうえ、防犯カメラなどが壊されたばかりだった。

 2回の被害は週末か祝日で、文言や手口が似ていることなどから、豊橋署は同一犯による犯行とみて器物損壊容疑で調べている。

 同署によると、パトカーで巡回中の署員が26日午前6時50分ごろ、自販機の側面と後ろ側に黒いスプレーで「監視反対」「カメラ反対」と書かれているのを発見。左上に取り付けられた防犯カメラのレンズも塗られ、自販機と配電盤を結ぶ電線が切れかかっていたうえ、配電盤の中の配線も切られていたという。

 自販機は、前面の扉を開けて、中の受話器を取り、ボタンを押すだけで110番につながる。県警と市の協力を得て、コカ・コーラセントラルジャパン(横浜市)が、危険に見舞われた市民がすぐに通報できる「駆け込み自販機」として設置している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 20:10 | 社会  

<< ダライ・ラマ「中国指導部に失望... ダイムラー、一部の新車生産を1... >>