<新銀行東京>資本注入は可能…自民幹事長代理

10月26日23時17分配信 毎日新聞

 自民党の石原伸晃幹事長代理は26日のNHK討論番組で、公的資金による資本注入を可能にする金融機能強化法改正案について「法律の中には(注入先の)銀行に区別はない」との認識を示した。野党からは銀行の経営責任があいまいになるとの指摘も出ており、28日からの国会審議の焦点となりそうだ。

 民主党の菅直人代表代行は同番組で東京都から400億円の追加出資を受けて経営再建中の新銀行東京が対象となる可能性に言及。「都民の税金を使ったところに、今度は一般国民からも税が入るとなれば大問題だ。議論せざるを得ない」と徹底審議を求めていく考えを強調した。【三沢耕平】


資本注入、新銀行東京も対象と石原氏=菅氏は問題視
2008/10/26-13:21 時事通信

 自民党の石原伸晃幹事長代理は26日午前、NHKの番組に出演し、金融機関への予防的な資本注入を可能にする金融機能強化法改正案について「法律の中には銀行に区別はない」と述べ、東京都が出資し経営難に陥っている新銀行東京も対象に含まれるとの見解を示した。

 これに対し、民主党の菅直人代表代行は「都民の税金を使ったところに、一般国民からも税が入るなら大問題だ。(対象に)新しいものを入れるなら納税者の立場から議論せざるを得ない」と問題視した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 23:17 | 政治  

<< 橋下知事vs教員 教育問題討論... NOVA破綻から1年 “ワンマ... >>