金融危機響きオフィス契約率50%=森ビルの上海超高層ビル

2008/10/26-21:39 時事通信

 【上海26日時事】森ビルの森稔社長は26日、上海市内で記者会見し、8月末に当地で開業した超高層ビル「上海環球金融中心」(101階建て)のオフィス部分の賃貸契約について「予定していた米系メガバンクの動きが止まってしまった」と述べ、米国発の金融危機の影響が出ていることを明らかにした。賃貸オフィス部分の契約率は約50%にとどまる。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 21:39 | アジア・大洋州  

<< スー・チーさん宅前、通行可能に... 「麻生首相宅見に行こう」=ネッ... >>