日本をよろしく 米新政権へ「仕込み」

2008年10月26日 09:42 USFL.COM

 米大統領選を間近に控え、首都ワシントンのシンクタンクがこぞって日本や日米関係をテーマにしたイベントを開催している。これだけ短期に集中したのは異例で、背景にあるのは日本政府の後押し。来年1月の政権交代をにらみ、新政権にかかわる可能性のある関係者に、日本の重要性を再認識してもらうという「仕込み」の一環だ。

 23日に戦略国際研究センター(CSIS)が開いたセミナーには、共和党系のグリーン前国家安全保障会議アジア上級部長、民主党系のキャンベル元国防副次官補らが出席。地球温暖化や途上国支援など、従来の日米間の主要課題である安全保障の枠を超えた幅広いテーマを話し合った。

 企画段階から外務省がかかわり、資金面でも支援。安全保障など日米の伝統的なテーマを外し、あえてグローバルな議題を設定したのは「新たな日米協力の舞台を探る」(同省幹部)狙いだ。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-26 09:42 | 政治  

<< 日刊ゲンダイ本紙だけが知ってい... 老夫婦が変死、心中の可能性 群馬 >>