関テレ完全復帰を決定=民放連

10月27日16時45分配信 時事通信

 民放連(会長・広瀬道貞テレビ朝日相談役)は27日の理事会で、昨年1月に「発掘!あるある大事典II」の捏造(ねつぞう)問題を起こした関西テレビ(大阪市)に対する会員活動停止措置について同日付で解除することを決めた。

 関テレはこの問題で昨年4月に民放連から除名処分を受けた。今年4月に再入会は認められたものの、会員活動は停止され、会合や行事には参加できなかった。民放連は今回の決定について「再発防止と社の再生に向けたさまざまな取り組みを評価した」としている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 16:45 | 社会  

<< 新銀行東京元行員ら逮捕=計7人... 解雇の元若ノ鵬側 地位確認を求... >>