解散先送りなら政権行き詰まり=中川秀直元幹事長

10月27日15時32分配信 時事通信

 自民党の中川秀直元幹事長は27日午後、茨城県日立市で講演し、衆院解散・総選挙について「(先送りすれば)民主党が再び審議拒否や引き延ばしを繰り返し、国会が荒れる。麻生太郎首相も安倍晋三元首相や福田康夫前首相と同じ目に遭う」と述べ、早期解散に踏み切らないと首相の政権運営が行き詰まるとの見方を示した。

 中川氏は「(先送りしたら)何のために福田さんが引き(退陣し)、総裁選をやったのか分からなくなる」と強調。さらに「2009年度予算は(来年9月までの)衆院議員の任期を越える。年末の予算編成前に国民の信を得るのが王道だ」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 15:32 | 政治  

<< 新銀行東京、元行員らを告訴…融... 東証、486円安の7162円で... >>