<「幸運乃光」>「高島易断」名で高額祈願料 相談者が提訴

10月27日19時17分配信 毎日新聞

 「高島易断総本部」などの名称で開かれた相談会に参加した6人が27日、恐怖心をあおられ高額の祈願料などを支払わされたとして、宗教法人「幸運乃光」(千葉県袖ケ浦市)と小沢茂男代表らを相手取り計約1644万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 訴えによると、6人は「鑑定料2000円」という広告を見て相談会に参加。鑑定師に「このままでは自滅する」などと言われ、それぞれ76万~703万円を支払わされた。

 幸運乃光は3月、特定商取引法に違反したとして、経済産業省から3カ月の業務停止命令を受けていた。「高島易断」は商標登録されておらず、同じ名前の団体が複数ある。幸運乃光は「高島易断所」や「高島易断総本部神聖館」とは無関係だ。【奥山智己】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-27 19:17 | 社会  

<< 封鎖が続く道路―タイ ドル「売り切れ」の両替所も 「... >>