土佐犬に襲われ小3男児重傷、飼い主逮捕…大阪・松原

鍵かけ忘れて外出、重過失容疑で
2008年10月28日 読売新聞

f0013182_346639.jpg 27日午後4時55分頃、大阪府松原市立部1の路上で、近くの小学3年の男児(9)と、配達中の郵便局員の男性(23)が、土佐犬に相次いで襲われた。男児は顔や首など5か所以上をかまれ、あごを骨折するなど重傷を負い、男性も右ひじをかまれ軽傷。府警松原署の調べに、近くに住む飼い主の会社員瀬良明豊容疑者(23)が「オリの鍵をかけ忘れた」と供述、同署は28日未明、重過失傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、土佐犬は雄の3歳で、体長1・5メートル。瀬良容疑者は闘犬大会に出場させるため自宅で6頭を飼育していた。1頭ずつオリに入れていたが、この犬のオリの鍵だけをかけ忘れて外出した。2人が襲われた約15分後に、戻ってきた瀬良容疑者が現場付近で捕獲し、オリに入れた。

 付近の住民らの話では、男児は友達4、5人で遊んでいて襲われた。近所の男性が犬を棒でたたいて助け、シャッターを下ろした自宅車庫の中に子どもたちを避難させた、という。

 2、3週間前にもオリから逃げ出した土佐犬が付近をうろついていたといい、近所の別の男性は「いつかこんなことが起きると心配していた」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 00:00 | 社会  

<< 竜巻次々と…外房・大原港沖 逆切れする政治 >>