竜巻次々と…外房・大原港沖

2008年10月28日00時58分 読売新聞

f0013182_35032100.jpg 千葉県いすみ市の大原港沖の海上で27日、竜巻が相次いで発生し、市が防災無線で警戒を呼びかけた。被害はなかった。

 市総務課防災安全班によると、午後3時半頃から約45分間にわたり、5個の竜巻が確認された。2個同時に現れるなどし、海面から水しぶきが上がっている様子が見られた。

 銚子地方気象台によると、当時、九十九里浜沖に発達した積乱雲が点在していたため、竜巻が発生しやすい状況だったという。

          ◇

 千葉市では27日午後4時40~50分頃、直径5ミリ程度のひょうが降った。銚子地方気象台千葉測候所によると、房総半島上空に寒気が流れ込み、大気が不安定になっていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 00:58 | 社会  

<< <PFI事業>赤坂議員宿舎建設... 土佐犬に襲われ小3男児重傷、飼... >>