北朝鮮への重油肩代わり、外相が「米・豪と協議中」

2008年10月28日13時49分 朝日新聞

 中曽根外相は28日の参院外交防衛委員会で、米国が北朝鮮へのエネルギー支援のうちの日本割り当て分(重油20万トン相当)の肩代わりをオーストラリアなどに打診していることについて「米国が豪州などと支援参加の可能性について協議を行っていることは承知している」と述べ、協議が進んでいることを認めた。白真勲氏(民主)に答えた。

 麻生首相も「豪州と北朝鮮がどういう関係なのかは知らないが、それによって拉致問題を除き、核の話が動くのならば」と答弁し、豪州のエネルギー支援参加を容認する姿勢を示した。日本は、拉致問題が進展しない限りエネルギー支援には参加できないとの立場をとっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 13:49 | 政治  

<< 韓国通貨当局、ウォン安阻止のた... 金総書記の病状「あまり良くない... >>