高橋尚子が現役引退=トップレベルに戻らず-女子マラソン

2008/10/28-12:17 時事通信

 女子マラソンのシドニー五輪金メダリスト、高橋尚子(36)=ファイテン=が現役を引退することが28日、決まった。マネジメント会社が発表した。同日午後、高橋が東京都内で記者会見して表明する。高橋は11月の東京国際女子、来年1月の大阪国際女子、同3月の名古屋国際女子への連続出場を目指し、5月から米コロラド州ボルダーを拠点に練習していたが、トップランナーとして走れるだけの調整ができず、引退を決意したようだ。

 高橋は3月に行われた北京五輪最終代表選考会の名古屋国際に出場。だが、序盤に失速して27位と惨敗し、レース後、右ひざの手術を受けていたことを明かした。ただ、現役は続けると明言し、後日、国内女子3大マラソン連続出場に挑む意向を示した。関係者によると、米国では登山レースやハーフマラソンなど実戦練習を兼ねて4レースに参加。しかし、トップレベルに持っていくまでには至らず、競技生活に限界を感じたとみられる。

 高橋は2000年シドニー五輪で、陸上の日本女子選手初の金メダルを獲得。国民栄誉賞も受賞した。翌年のベルリン・マラソンでは女子で史上初めて2時間20分の壁を破る2時間19分46秒の世界最高(当時)をマーク。その後のアテネ五輪、北京五輪は代表になれなかった。マラソンは11戦で6連勝を含む7勝。


高橋尚子引退・談話
2008/10/28-10:41 時事通信

◇よく頑張った

 父親の高橋良明氏 長い間、とてもよく頑張った。いずれはこういう日が来ると思っていた。人生を80年とすると、尚子の人生は半分もたっていない。これからのことは、じっくりと考え、ゆっくりと人生を歩んでいってほしい。

◇巨星だった

 日本陸連・沢木啓祐専務理事 高橋が現在の日本マラソン界が隆盛を極める原動力になったのは、まぎれもない事実。偉大な足跡を残した巨星だった。今後もスポーツ文化を構築していくため、彼女でなければなし得ないことがある。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 12:17 | スポーツ  

<< 金総書記の病状「あまり良くない... 「麻生」からの献金、首相釈明 ... >>