金総書記の病状「あまり良くない」=麻生首相

10月28日13時22分配信 時事通信

 麻生太郎首相は28日午前の参院外交防衛委員会で、金正日総書記の健康状態について「病院に入院しているという情報で、あまり状況は良くない。ただ、判断が全然できないような状況だとも思えない」との見方を示した。民主党の白真勲氏への答弁。

 金総書記の病状について政府はこれまで「直接的な情報はない。どうなっているのか(不明だ)」(中曽根弘文外相)としていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 13:22 | アジア・大洋州  

<< 北朝鮮への重油肩代わり、外相が... 高橋尚子が現役引退=トップレベ... >>