平壌に大使館開設を検討 ブラジル外務省

2008/10/28 06:24 共同通信

 【リオデジャネイロ27日共同】ブラジル外務省当局者は27日、ブラジルが北朝鮮の平壌に大使館を開設する方向で同国政府と交渉していることを明らかにした。当局者は「(交渉は)初期の段階」といい、開設時期などは未定としている。

 一方、同日付の有力紙エスタド・ジ・サンパウロは、ブラジル外務省筋の話として、大使館開設準備は、将来の北朝鮮政府の体制転換に際して、ブラジルが調停役として国際社会に「貢献」するためだと報じた。

 ブラジルのルラ大統領は今年7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)に出席した後、ベトナムやインドネシアを訪れるなど、アジア諸国との外交関係を強化。最近はスリランカにも大使館を開設している。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-28 06:24 | アジア・大洋州  

<< 元IMFアフリカ局次長の日野さ... 「ノルマこなしたかった」=実績... >>