<傷害>うどん店店員が殴られ死亡 容疑の店主逮捕 岐阜

10月30日14時12分配信 毎日新聞

 29日午後8時20分ごろ、岐阜市若宮町のうどん店「まるあけうどん」を経営する坂本秀昭容疑者(32)=岐阜市向加野=が、店内で店員の清水敏男さん(54)=同市安宅町=が倒れていると119番した。清水さんは既に死亡しており、岐阜県警岐阜中署が坂本容疑者から事情を聴いたところ、「身なりが不衛生で勤務態度が悪く、腹が立ち暴行した」と供述したため、30日早朝に傷害容疑で逮捕した。同署は30日、司法解剖で死因を調べ、傷害致死に容疑を切り替えるかを判断する。

 調べでは、坂本容疑者は29日午前6時~7時40分ごろ、店内で清水さんの顔や腹を手で殴ったり、けるなどの暴行を加え、顔や左足に打撲やすり傷、歯を折るなどのけがを負わせた疑い。

 清水さんは約2年前から同店や坂本容疑者が経営するスナックで働いており、調べに対し坂本容疑者は「日ごろから暴行していた」と話しているという。【稲垣衆史】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 14:12 | 社会  

<< 初代新幹線「0系」:最終日の指... 大手PCショップ九十九電機、東... >>