初代新幹線「0系」:最終日の指定席売り切れ

2008年10月30日 毎日新聞
f0013182_1992398.jpg

 初代・新幹線車両「0系」の定期運転最終日となる11月30日の座席指定券が30日、全国の駅窓口などで一斉に発売された。最終日の0系「こだま」の券は午前10時の発売とほぼ同時に売り切れた。

 0系は現在、JR西日本が計18両を所有。山陽新幹線内限定の「こだま」として走っている。最終日は新大阪-博多間などで上下計5本が運行される。30日発売されたのは、うち4本の指定席計532席。残り1本は全車自由席で、他の4本にも自由席車両が連結される。JR西日本は「最終日は相当の混雑が予想される」としている。【小林祥晃】
[PR]

by deracine69 | 2008-10-30 15:00 | 社会  

<< マジシャンの賠償請求を棄却 手... <傷害>うどん店店員が殴られ死... >>