「侵略国家はぬれぎぬ」=空幕長が懸賞論文で独自史観-中国などの反発必至

10月31日17時50分配信 時事通信

 航空自衛隊トップの田母神俊雄航空幕僚長が「日本が侵略国家だったとはぬれぎぬだ」などと主張する論文を民間企業の懸賞論文に応募、最優秀賞を受賞したことが31日、分かった。一貫して日中戦争を正当化する内容で、ホームページ(HP)で公開されている。中国などアジア諸国から反発が高まるのは必至で、国会でも追及されそうだ。

【関連】
真の近現代史観 懸賞論文 受賞者発表 (アパグループ)
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 17:50 | 行政・公務員  

<< 「自殺大国」日本…団塊世代リタ... 派遣労働者に過剰感=中小企業1... >>