今夜、山手線を厳重警戒せよ! ハロウィーンでJR 

2008.10.31 11:58 産経新聞

 31日は、年に一度の世界的お祭り「ハロウィーン」。繁華街でハロウィーンにちなんだ仮装パーティーなども開かれることから、JR東日本は、酔った乗客などによるトラブルを防ごうと、今夜、山手線の駅や車内で警戒を強化する。

 JRは今月中旬、警視庁鉄道警察隊との連名で「駅構内や車内での集会や大騒ぎなどの迷惑行為を禁止する」という内容のポスターを、山手線29駅の構内に張り出した。ポスターは外国人客にも読めるよう、英訳も付けられている。

 ハロウィーンの時期には、仮装した客や酔った客による、トラブルにつながりそうなケースがこれまでにも確認されている。昨年10月27日には、山手線に乗車した複数の外国人客が、車内の蛍光灯を外す騒ぎがあった。

 今月25日にも、グループとみられる約50人の外国人客が新宿から山手線に乗車したことが確認されている。今のところ目立ったトラブルは確認されていないというが、今年は31日が金曜日にあたり、例年以上の混雑が予想されることなどから、「けが人が出てからでは遅い」(JR)と、事前に迷惑行為禁止を呼び掛け、31日の夜には、山手線の各駅に社員やガードマンを配置、警察とも連携しながら、警戒を強化する。

 JR東日本東京支社広報課は「車内で騒いだり危険な行為は他のお客さまへの迷惑となり、けがにつながる可能性もあるのでやめてほしい」と呼び掛けている。
[PR]

by deracine69 | 2008-10-31 11:58 | 社会  

<< ブータン初の日刊紙が創刊、遠隔... 外国人襲撃と強盗傷害が連続して... >>