筑紫哲也氏死去・談話

2008/11/07-22:42 時事通信

◇放送ジャーナリズムの基本築いた

 交流があったコラムニスト天野祐吉さんの話 権力の重要な見張り番の一人が消えた感じだ。ニュースキャスターは個性を出さなければいけない一方、それが強すぎると独善的になる。筑紫さんは微妙なバランスを保ちながら、「話し言葉のジャーナリズム」を確立した先駆者であり、以降の放送ジャーナリズムの基本路線を築いたといえる。これからも重要な局面ではテレビに出て意見を述べたいと言っていたが、かなわなくなってしまった。細かいことにこだわらない豪快な性格だった。かけがえのない人を失い、残念だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-07 22:42 | 社会  

<< 「多事争論」貫き、戦後日本の姿... 「オバマ氏は日焼けしていてカッ... >>