新型インフル、感染1人でも都道府県一斉休校…国が指針案

11月19日3時3分配信 読売新聞

 流行が懸念される新型インフルエンザについて、厚生労働省が準備している新しい指針案の内容が18日わかった。

 各都道府県内で1人でも患者が発生した場合には、その都道府県内の保育園から大学までの教育施設をすべて一斉に休校とする。

 流行初期の柱となる対策で、地域で流行する前の早い段階に学校を閉鎖することで、流行の規模を少しでも小さく食い止めるのが狙い。20日に都内で開かれる同省の専門家会議で提案される。

 「一斉休校」は、早期対応の柱の一つで、対象となるのは、保育園、幼稚園、小中学校、高校、大学。すでに隣接地域で流行している場合には、流行前からの休校も知事などが最終決定できる。

 今後、文部科学省など関連省庁とも協議するが、専門学校や予備校、塾などについても、こうした方針に準ずることが望ましいという。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-19 03:03 | 社会  

<< 「痛ましい事件」首相、徹底捜査... <党首会談>自民内で首相批判の... >>