暴力団組長が撃たれ重傷、パチンコ店出た直後…山口・宇部 

11月19日15時36分配信 読売新聞

 19日午後1時15分ごろ、山口県宇部市東見初町のパチンコ店前の路上で、同市錦町、指定暴力団合田一家二代目一松組の谷静夫組長(59)が拳銃で胸を撃たれ重傷を負った。命に別条はない模様。

 県警組織犯罪対策課の発表によると、谷組長は組員とパチンコ店から出てきて、組員が駐車場へ車を取りに行った際に銃撃されたという。県警宇部署は、殺人未遂事件として調べている。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-19 15:36 | 社会  

<< 雇用機構、解体に反対=厚労省 干潟埋め立て事業、公金支出差し... >>