「八百長の告発はウソ」元若ノ鵬が東京地裁に陳述書

2008年11月27日17時46分 ANN

 元若ノ鵬(20)が日本相撲協会に解雇の無効を求めている裁判で、これまでの「八百長の告発」は嘘だったとする陳述書を東京地裁に提出していたことが分かりました。

 陳述書などによると、元若ノ鵬は、ある親方の知人と名乗る40代半ばの男性から「八百長をしたという嘘の告発をすれば、相撲界に戻れる」と言われ、会見を開いたということです。しかし、「後で、だまされたと気づいた」と主張しています。「八百長にかかわったとして実名を挙げた力士には会って謝罪したい」としています。この陳述書の内容に対し、告発の記事を掲載した講談社側は「今になって証言を翻すのは極めて不可解というほかない」とコメントしています。
[PR]

by deracine69 | 2008-11-27 17:46 | 社会  

<< カオサン・バンランプーが実は一... 田母神前空幕長に退職金約700... >>