品川の強風、竜巻の可能性 被害の長さ600m

2008年12月6日21時9分 朝日新聞

 東京管区気象台は6日、東京都品川区中延付近で5日午後3時半ごろ強い風が吹き、瓦が吹き飛ぶなどした気象現象について、竜巻の可能性が高いと発表した。気象台によると、竜巻の被害は幅80メートル、長さ600メートルの範囲で広がっており、樹木やアンテナを折ったり、窓ガラスを割ったりしていた。

 竜巻の規模は、強さを示す「藤田スケール」で2番目に弱いレベルのF1(約10秒間の平均風速が毎秒33~49メートル)とみられるという。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-06 21:09 | 社会  

<< 小渕少子化相の起用「子ども産ん... ポチャマン元夫人、タイに帰国 ... >>