カテゴリ:ジャーナリズム( 146 )

 

日本当局の対応を評価=「国境なき記者団」事務局長-五輪聖火リレー

2008/04/26-23:49 時事通信

 長野市で26日に行われた北京五輪の聖火リレーに合わせ、中国政府のチベット弾圧に対する抗議行動を行った国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部・パリ)のメナール事務局長は同日、リレーが「他の民主主義国家よりもはるかに成功を収めた」と述べ、日本当局の対応を高く評価した。AFP通信に語った。

 同事務局長は「ここでは良好な雰囲気の中、チベットの旗を振るチベット人と赤い旗を持った中国人が隣り合っているのを見ることができた」と強調。リレーでは妨害行為が相次ぎ、逮捕者やけが人も出たが、同事務局長は中国の若者が自由に自己表現できる「開かれた民主主義」を目の当たりにできたとの認識を示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-26 23:49 | ジャーナリズム  

日本記者クラブ賞に筑紫氏=テレビジャーナリズムに貢献

4月24日19時32分配信 時事通信

 日本記者クラブは24日、今年度の日本記者クラブ賞をTBS報道局キャスター筑紫哲也氏(72)に贈ることを決めた。筑紫氏は1989年からスタートした「筑紫哲也ニュース23」のメーンキャスターとして18年余り活躍。テレビジャーナリズムの確立に多大な貢献をしたことが評価された。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-24 19:32 | ジャーナリズム  

<国境なき記者団>事務局長が来日計画 聖火リレー抗議

4月21日2時31分配信 毎日新聞

 26日に長野市で行われる北京五輪の聖火リレーに抗議するため、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部・パリ)のロベール・メナール事務局長が今週半ばにも来日を予定していることが分かった。メナール氏は、先月24日のギリシャのオリンピア遺跡での聖火採火式を妨害し地元警察に身柄を一時拘束されており、法務省入国管理局が入国を許可するかは微妙な情勢だ。

 関係者によると、メナール氏は、聖火リレー前日の25日に東京都内で記者会見し、チベット自治区などでの暴動をめぐる問題や、中国国内の人権問題、中国当局によるジャーナリストへの弾圧の実情などについて訴える予定だ。26日には長野市入りして抗議行動をするという。

 メナール氏は、先月24日のギリシャでの聖火採火式で、北京五輪組織委員会会長のスピーチ中に、他の記者団メンバーらと式典会場に乱入。メンバーらは手錠で表現した五輪マークを描いた黒い旗を掲げるなどし、チベットでの暴動に対する中国当局の反人権的政策への抗議を訴えた。地元警察によってメナール氏のほかメンバー2人が拘束されている。記者団は7日にパリで行われた聖火リレーでも抗議活動を展開している。

 長野での聖火リレーで妨害目的での外国人の入国について、鳩山邦夫法相は11日の閣議後会見で、「リレーが順調に日本国内を通過することを心から願っていますし、そのための施策は実行しなければならないでしょう」と述べている。

 ◇ことば 国境なき記者団

 報道の自由の擁護を目的としたジャーナリストらによる国際的な非政府組織で、フランスの元ラジオ局記者ロベール・メナール氏により85年にパリで設立された。世界中で拘禁や殺害されたジャーナリストの救出と、その家族の支援を実施。各国のメディア規制の動きを監視し、警告している。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-21 02:31 | ジャーナリズム  

欧米有力紙が斬る「北京五輪」

2008.4.11 22:05 MSN産経ニュース

このニュースのトピックス:中国
 中国によるチベット騒乱の鎮圧や聖火リレー騒ぎを欧米の新聞はどうみているのか。英米両国の代表的な新聞の論評を紹介する。

     ◇

 タイムズ(英、5日) 「五輪ボイコットは近視眼的であり、自滅的でもある。欧米が中国の近代化や国際化の祭典を台無しにすれば、中国はメンツを失うだけでなく、国際社会に背を向けるだろう」

 インディペンデント(英、8日) 「中国の警備隊や警察官に何重にも囲まれた聖火ランナーが、どれだけ不吉に見えるか、中国は予測しなかったのだろうか。もし、街頭からそれが見えないなら、いったい何のためのリレーなのだろうか」

 フィナンシャル・タイムズ(英、8日) 「冷戦期、開催国や参加国への抗議なしに五輪が行われたことはほとんどない。もし、国際オリンピック委員会(IOC)が北京でその流れを止められると考えたなら、あまりに無邪気だ」

 ニューヨーク・タイムズ(米、9日) 「反体制派の拘束とダライ・ラマに関するウソの流布をやめ、チベットでの信仰と文化の自由のための交渉を始めよ。スーダンの陰の助力者たる立場をやめよ。IOCとの約束を果たすべきだ」

 ロサンゼルス・タイムズ(米、9日) 「抗議行動は中国当局に対し、国際世論を国内のようには仕立てあげられないことを思いださせるものだ。中国はチベット弾圧だけでなく、残忍なスーダン政権援助への釈明も迫られる」

 ウォールストリート・ジャーナル(米、10日) 「中国国民はチベット人の権利のための欧米の奮闘に侮辱さえ感じている。聖火リレーへの抗議はこうした思考への自信を与えるのみならず、中国当局にナショナリズムのカードを切る口実にもなる」
[PR]

by deracine69 | 2008-04-11 22:05 | ジャーナリズム  

<毎日jp>利用者が大幅増 ネットレイティングス調査

11月21日17時31分配信 毎日新聞

 10月1日にインターネットの総合情報サイトとして開設された毎日新聞の「毎日jp」(http://mainichi.jp/)の10月の利用者が、旧ニュースサイト「MSN毎日インタラクティブ」に比べ約2割増加したことが21日、インターネット視聴率調査会社「ネットレイティングス」(本社・東京都渋谷区)の調査で分かった。

 調査結果によると、10月に家庭のパソコンから「毎日jp」を利用した人の数は472万人。マイクロソフトと共同運営していた「MSN毎日インタラクティブ」時代の9月の利用者数404万人を68万人上回り、約17%増えた。

 これに対し、読売新聞の「YOMIURI ONLINE」、朝日新聞の「asahi.com」、日経新聞の「NIKKEI NET」の10月の利用者は、それぞれ581万人(9月640万人)、407万人(同441万人)、321万人(324万人)で、いずれも前月に比べ減少した。

 また、マイクロソフト社と産経新聞が共同で始めた「MSN産経ニュース」の10月の利用者は414万人で、単独運営していた前身の「Sankei Web」の9月の利用者数169万人の約2・4倍に増加した。
[PR]

by deracine69 | 2007-11-21 17:31 | ジャーナリズム  

ダン・ラザーがCBS提訴 「責任を転嫁」と

2007.09.20 17:26 CNN/AP

f0013182_22533179.jpgニューヨーク──米CBSの元看板アンカーマン、ダン・ラザー氏(75)が、ブッシュ米大統領の軍歴報道問題の責任を転嫁されたとして、7000万ドル(約81億円)の損害賠償を求める訴訟を、マンハッタンのニューヨーク州地裁に起こした。

訴状にはCBSのレスリー・ムーンベス社長兼最高経営責任者(CEO)と、バイアコムのサムナー・レッドストーン会長、CBSニュースのアンドリュー・ヘイワード元社長の名前が挙げられている。CBSの広報担当者は、昔の問題であり、訴訟には「メリットがない」とコメントした。

2004年9月、ラザー氏の報道番組「60ミニッツ」の中で、ブッシュ大統領の軍歴詐称の証拠とされる文書が提示された。同氏は報道内容が正しいと主張したものの、文書が偽造であった可能性が判明。社外調査の結果、報道内容が公正さと正確さを欠いていたとの結論が出され、CBSは報道部門の幹部4人を解雇した。ラザー氏も長年アンカーマンを務めてきた「イブニング・ニュース」を降板した。

05年1月にまとめられた報告書は、ラザー氏が当時他の報道に追われていたため、プロデューサーを全面的に信頼し、軍歴報道の真偽を事前に確認していなかったと指摘している。

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-20 17:26 | ジャーナリズム  

<高校野球>宇治山田商が産経新聞に記事の訂正申し入れ

8月31日13時57分配信 毎日新聞

 第89回全国高校野球選手権大会に三重代表で出場した宇治山田商(三重県伊勢市)が、産経新聞大阪本社発行の今月16日付朝刊「『戦争想起』投書に過剰反応?甲子園で学ラン“封印”」という記事について「投書は存在せず記事は事実無根」として訂正を申し入れたことが31日分かった。

 記事は宇治山田商の応援団が1978年夏の甲子園初出場時から学ランに「必勝」と書かれた日の丸の鉢巻き姿で応援してきたと指摘。今夏の三重大会でも着用していた学ランを甲子園ではトレーナーに変更したことを巡り「学ランはもともと海軍の軍服。戦争を思い起こさせ(高校野球の応援には)不適切」という投書が他校に届き、三重県教委を通じて連絡を受けた宇治山田商が、同県高野連と協議して服装を変更した、という内容。

 同校、県教委、県高野連によると、投書があった事実はなく、服装を巡る協議もなかったという。宇治山田商の鈴木光一校長は「学ランからトレーナーに代えたのは暑さ対策と、4年前に出場した全国大会でも着用したから。事実関係をきちんと取材してほしかった。早く訂正してほしい」と話している。

 森脇睦郎・産経新聞大阪本社社会部長は、記事で同校応援団が学ラン着用を続けてきたと書いていることについて「4年前の全国大会でトレーナーだったのは事実なので、その点については訂正に応じる」としながらも「記事の根幹部分は学校関係者の話によるもので、現時点では信ぴょう性があると考えている。投書の有無は現在調査中で、まだ確認できていないが、完全に否定されるまでは訂正に応じられない」と話している。【岡大介】
[PR]

by deracine69 | 2007-08-31 13:57 | ジャーナリズム  

産経新聞、未確認の投書で記事 宇治山田商の応援団服装

2007年08月31日06時13分 朝日新聞

 第89回全国高校野球選手権大会に三重代表で出場した宇治山田商の応援団の服装をめぐり、産経新聞大阪本社発行の16日付朝刊に「『戦争想起』投書に過剰反応?甲子園で学ラン封印」とする記事が掲載された。「学ランはもともと海軍の軍服で、戦争を思い起こさせるのは不適切」とする投書が他の学校に届き、県教委の連絡を受けた宇治山田商が、県高校野球連盟と協議して学ランをトレーナーに変更した、とする内容。だが同校や県教委、県高野連は事実関係を否定し、投書の存在も確認されていない。同校は30日、産経新聞に訂正記事の掲載を申し入れた。

 産経新聞は「学校関係者への取材に基づいて書いた。捏造(ねつぞう)ではない」としているが、投書の確認や県教委への取材をしなかったことを認めており、実在しない投書をもとにした記事だった可能性が強まっている。

 記事では、今年の県大会決勝後、「学ランはもともと海軍の軍服。高校野球という舞台で戦争を思い起こさせるのは不適切だ」と指摘した投書が別の高校に届き、県教委が宇治山田商に連絡。同校と協議した県高野連が「やめておいた方がいいのでは」と助言し、白地に校名の入ったトレーナー姿に改め、日の丸の鉢巻きを取りやめた、などと書かれている。

 このほか、同校は甲子園に初出場した78年の60回大会から今年7月28日の県大会決勝まで、応援団の男子生徒らが黒い詰め襟学ランに「必勝」と書かれた日の丸の鉢巻き姿で応援してきた、としている。記事が出た16日は、同校が延長15回を戦って引き分けた佐賀北と再試合をする日だった。

 同校によると、県教委から投書について連絡を受けた事実はなく、甲子園では03年の85回大会出場時にOBから寄贈されたトレーナーを着ることを決めていた。県高野連からは、全国大会での注意事項を確認する場で、「学ランは暑いからやめたほうがいい」と言われたという。

 また、「85回大会出場時にもトレーナーを着用した。日の丸鉢巻きの使用は今年の三重大会が初めてだった」と説明。記事の内容は事実に反するとしている。

 記事掲載後、同校と県高野連は産経新聞大阪本社に抗議。同校によると、29日に森脇睦郎社会部長らが同校を訪れ、「学校関係者の話を信じて記事を書いたが、裏取りの作業が欠けていたことは認める」と説明し、争いのある記事なのでデータベースから削除した、と伝えたという。

 産経新聞の記事の骨格部分となった投書について、朝日新聞が23、24の両日、三重大会に出場した全67校の校長らに問い合わせたところ、全校が「投書は届いていない」と回答。県教委スポーツ振興室も「思い当たるものは何もない」と話している。

 宇治山田商の鈴木光一校長は「トレーナーの着用はOBの厚意に応えるとともに、暑さ対策でもあった。産経新聞には、事実関係を確認して慎重な取材をしてほしかった」と話している。同校には記事掲載後、「なぜ学生服を着ないんだ」などの抗議が約15件寄せられたという。

 〈森脇睦郎・産経新聞大阪本社社会部長の話〉 宇治山田商が4年前の全国大会でトレーナーを着用したことは事実なので、この点については訂正に応じる。しかし、投書の存在に関しては、学校関係者の発言に信憑性(しんぴょうせい)があると判断して記事にしたので、その信憑性が完全に否定されるまでは訂正しない。

  ◇

 〈産経新聞大阪本社が発行した16日付朝刊社会面の記事の要旨は以下の通り〉

 宇治山田商業の野球部応援団が、学ランと「日の丸」の鉢巻き姿での応援を甲子園で“封印”していたことがわかった。「戦争を想起させる学ランは不適切」との投書がきっかけで、県高野連と同校が協議し、急きょトレーナー姿での応援に変更した。

 関係者によると、同校は7月の三重県大会決勝まで、応援団が黒い詰め襟学ランに「必勝」と書かれた日の丸の鉢巻き姿で応援。このスタイルは昭和53年の第60回選手権大会で甲子園に初出場したときから続けてきた。ところが、今年の県大会決勝後、「学ランはもともと海軍の軍服。高校野球という舞台で戦争を思い起こさせるのは不適切だ」などと指摘した投書が県内の別の高校に届き、県教委が同校に連絡。同校と県高野連が協議し、県高野連が「やめておいた方がいいのでは」と助言し、同校も白地に校名の入ったトレーナー姿に改め、日の丸の鉢巻きも取りやめることを決めたという。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-31 06:13 | ジャーナリズム  

<共同通信>「日朝担当大使が非公式協議」の記事取り消す

8月28日2時0分配信 毎日新聞

 共同通信は27日、「日朝担当大使が非公式協議」との見出しで同日未明に配信した記事について「事実関係に誤りがあった」と謝罪し、記事を取り消した。記事は、日本の美根慶樹・日朝国交正常化交渉担当大使と、北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使が25、26の両日、中国で非公式協議を行った、という内容。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-28 02:00 | ジャーナリズム  

<放送倫理機構>TBS「朝ズバッ!」不二家報道で見解

8月6日20時47分配信 毎日新聞

 「放送倫理・番組向上機構」の放送倫理検証委員会は6日、TBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」の不二家報道について「誤解を招く表現や根拠の薄い断罪的なコメントがあった」などと放送倫理違反を認める見解を発表した。さらに「スタジオのお菓子は全部不二家にする」と訂正内容をあいまいにしたと批判した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-06 20:47 | ジャーナリズム