カテゴリ:中国( 196 )

 

警官襲撃犯に死刑判決=中国・上海

9月1日12時52分配信 時事通信

 【上海1日時事】新華社電によると、中国・上海の第2中級人民法院(地裁)は1日、7月に上海の公安局に押し入って警官6人を刺殺した楊佳被告(28)に対し、計画殺人の罪で死刑判決を言い渡した。

 楊被告の裁判は、記者の傍聴を認めない異例の形で先月26日、初公判が開かれたばかり。事件は、中国国内で民衆と警察権力の対立を象徴するものとして関心を集めていた。


警察署襲撃事件、6人殺害の楊佳被告に一審で死刑判決
9月1日15時48分配信 サーチナ・中国情報局

f0013182_945653.jpg 上海市第二中級人民法院(裁判所)は1日午前、上海市公安局閘北分局(警察署)を7月1日に襲撃し、警官6人を殺害し、同3人と警備員1人を負傷させて現行犯逮捕された楊佳被告に一審判決として死刑と政治権利の終身剥奪を言い渡した。中国新聞社が伝えた。

 判決は、楊佳被告に故意殺人罪を適用した。

 楊被告は2007年10月5日夜、北京から上海に旅行中の被告が自転車で通行中に警官に訊問され、身分証の提出などを拒んだため派出所に連行されたことで警察を恨み、襲撃したとされる。

 楊被告は用意したガソリンや催涙スプレーで署内を混乱させながら、あいくちで警官6人を殺害、警官3人と警備員1人を負傷させた。警察への恨みを大量殺傷にエスカレートさせた異様さと、治安を守るべき警官が署内で大量に殺害されたことが社会に衝撃を与えた。

 写真は事件発生後1週間後に警察が公開した、楊佳被告。


11人殺傷の上海警察襲撃、審理非公開のまま死刑判決
9月1日19時14分配信 読売新聞

 【上海=加藤隆則】7月1日に上海市コウ北区公安分局を襲撃し、包丁で警官ら11人を殺傷した北京出身の楊佳被告(28)に対し、上海市第2中級人民法院は1日、故意殺人罪で死刑判決を言い渡した。

 同局の不当捜査に対する報復が動機とされ、経緯の真相究明を求める声がインターネットや一部メディアなどに広がっていたが、審理は報道陣を一切シャットアウトし、事実上の非公開だった。

 6月末、貴州省で数万人規模の警察襲撃事件が起きて以降、陝西、浙江、雲南省などで類似事件が発生。警官の発砲で市民に犠牲者も出ており、上海での不透明決着は、警察不信に拍車をかけることになりそうだ。同市当局は警察批判を恐れ、審理入りを北京五輪後に延期していた。(コウは門構えに「甲」)
[PR]

by deracine69 | 2008-09-01 12:52 | 中国  

中国各地、民衆抗議事件相次ぐ

08/07/05 15:05 大紀元時報

 【大紀元日本7月5日】上海閘北公安局で7月1日、民衆が警察を襲撃し5人が死亡した事件に次いで、湖南省張家界市の政府庁舎でも2日、計画的な爆発事件が発生し、建物の一部が破壊され、爆発現場にいた12人が負傷し、そのうち5人が重傷を負った。この事件に関する情報を発信した多くのブログは直ちに中国当局に削除された。

 湖南省政府系報道ネット「紅網(ホン・ワン)」によると、今回の爆発事件の容疑者は永定区西渓坪街道事務所・彭家巷社区七組の住民、農業を営む田開友。同容疑者は、自宅が取り壊されたことを不満に、液体ガスをいっぱいに詰めた2本の容器を農業用三輪トラックに積み込み、点火して庁舎構内に乗り入れ、爆発させたという。

 張家界報道ネットによると、爆発発生後の現場はすぐに警察に封鎖され、記者の立ち入りおよび写真撮影が禁止された。また、現場の床には血痕が至るところにあったらしく、粉々になったガラスも床一面に散らばっていたという。付近の建物のガラスも爆風で吹き飛ばされたが、付近の住民に負傷者はいないという。

 *爆発5分後、容疑者が逮捕された

 情報によると、田・容疑者の妻子は二人とも知的障害者。自宅である瓦ぶきの家屋は2度にわたり当局に取り壊された。同容疑者は省政府へ苦情を持ち込んだが、無視された。爆発が起きてから5分後に同容疑者は逮捕された。

 一方、村民たちは、地元の村政府関係者は中央指導者よりひどく、威張っているのだと語った。事件後、住民が携帯電話で取った写真もすべて没収された。

 各地で群衆の抗議活動および暴力的報復事件が頻発したことに対して、貴州の曾寧氏はラジオ自由アジア(RFA)の取材に対して、いわゆる群衆抗議事件とは、多くの弱勢力群衆と見なされ、相当長い時期を経てきた民衆が成す術も無く、途方に暮れて追い込まれて行ったと見ている。曾氏によると、「多くの中国人は、死ぬよりも惨めながらも生きていたほうがよいと考えている」という。それだけに、このような自暴自棄の事件は、本当に絶望的に陥った状況で起きた事件であるとみている。

 一方、今年4月中旬に湖北省武漢市で、強制立ち退きさせられた住民が、地元当局に雇われたとみられる者たちに暴行された事件が起きており、これに憤慨した400人の市民が連日抗議を行う事件が発生した。

 4月14日から16日にかけて、山東省濰坊市臨チ(チ=月+句)県興隆市でも、百人以上の村民たちが、強制的な立ち退きを拒否するために、3日連続で県政府に出かけて陳情と抗議を行った。一部の村民は拘束された模様。

 また、今年4月1日、浙江省杭州市転塘大諸橋村で、杭州市西湖区行政府と土地開発建築会社・杭州枝江旅遊ホリデー区管理委員会の指導で、ヘルメットと迷彩服を身に着けた約200名の男性らが強制的に大諸橋村で碧波風華路の工事を始めた。住民らが阻止しようとしたときに、住民の老婦人が工事現場の大きい穴に工員らに突き落とされ、意識不明になったことから、数十人の住民は浙江省信訪局に出かけて抗議を行った。

 2007年8月14日、常州鐘楼区の「立ち退き専門会社」は十数人を雇い、住民らの電線を切断し、暗闇の中で、住民・潘雪昌さんの自宅に押しかけ、潘さんと兄弟に暴行した。潘さんは農具・鋤で懸命に抵抗し、最終的に相手が1人死亡、2人負傷の事件となった。

 *ネットユーザーらの声

 ・強制的に立ち退きされた経験のない者は、その苦しみは分からない。政府はあまりにも腹黒く理不尽だ。中央政府はなぜ監督しないのか?

 ・立ち退きは表に出ている現象に過ぎないが、積もり積もった恨みと不満は事実であろう。

 ・中国の民衆は自らの権利を守ろうとする気持ちがますます強くなった。

 ・民衆に少しでも希望があれば我慢するのだ。

 ・生きるのに尊厳のある生き方が必要だ。生存できなければ、尊厳のある死に方を選ぶ。

 ・小さい花火も広い荒野を焼き尽くすことができる。民主の実現が間近だ。

 ・民主の曲は奏で始めて、腐敗の弔いの鐘が鳴った。自由を望む民衆よ、起き上がろう。

 ・私は光が見える、自由が到来するのだ。

(翻訳/編集・余靜)
[PR]

by deracine69 | 2008-07-05 15:05 | 中国  

倒壊した学校封鎖 四川大地震 遺族抗議警戒か

2008年6月8日 東京新聞

f0013182_11421981.jpg 【都江堰(中国四川省)=小坂井文彦】中国・四川大地震で、倒壊して多数の生徒が死亡した四川省都江堰(とこうえん)市内の学校が武装警察によって封鎖された。警官は「理由は聞かされていない。政府の指示だ」と説明。息子を亡くした男性は「父母が集まって騒ぎだすことへの警戒だろう」と話した。

 数百人が死亡した新建小学校の周囲では、警官隊が三重の検問を敷く。同校に通じる道路には、車両の通行を禁じる検問所があり、約三百メートル先では、武装警官が通行人に目を光らせる。その内側の同校の門前では別の武装警官三人が、「誰も入れない」と父母らを追い返していた。

 同じく倒壊した聚源中学校に通じる道路にもロープが張られ、武装警官が二十四時間、進入を禁じている。同市では、息子を亡くした遺族が教育局長に暴行したり、大勢が裁判所に押しかけるなどの騒動が起きている。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-08 08:00 | 中国  

深圳湾公路大橋 通行量は50倍に

2007/10/07(日) 14:26 中国情報局

  香港・新界西北部と深圳市蛇口を結ぶ西部越境ルート(深圳湾公路大橋)が開通から2カ月半を迎えた。期待とは裏腹に開通当初はトラックの利用が著しく少ないことが懸念されていたが、8月13日に実施された通関規制緩和により通行量は大幅に増えた。一足遅れで供用を開始したもう一方の新たな税関・出入境管理所「福田口岸」は1カ月が過ぎ、これまでの利用者は約92万人に上った。しかし両者とも現在の利用状況は設計上の処理能力に遠く及ばない。羅湖や皇崗の既存の税関・出入境管理所の混雑を緩和するために建設された新税関・出入境管理所だが、まだ利用者の分散効果は見られていないようだ。

+++++++++++++++++++++++

■深圳湾公路大橋、当初の利用者は期待はずれ

  深圳湾公路大橋は沙頭角、文錦渡、落馬洲/皇崗に続く第4の道路越境ルートであり、税関・出入境管理施設として設置された「深圳湾口岸」では双方の通関・出入境手続きを一カ所で行う「一地両検」が中国で初めて導入された。蛇口から香港まで10分余り、香港から東莞市へ向かう場合に皇崗経由に比べて30分短縮できるルートだ。さらに珠江に沿って広州市と深圳市を結ぶ広州-深圳沿岸高速道路が開通すれば重要性は一段と高まる。同高速道路は広州市黄埔から深圳市南山区を結び、深圳湾公路大橋に接続するもので、現在の広州-深圳間高速道路と並ぶ珠江デルタの第二の大動脈となるからだ。

 深圳と香港のボーダーにある税関・出入境管理所を往来する人は1日当たり平均30万人で、車両は同3万4000台。深圳湾公路大橋が開通すれば約50%の出入境車両が同橋りょうに流れるとみられていた。現在は午前6時半から午前零時までの開放となっているが、利用状況を見て24時間化が検討されることになっている。しかし開通後の利用状況はこうした期待を大きく裏切るものだった。

  開通から1カ月を迎えた7月31日までの統計では、1カ月で66万7093人が出入境、越境車両は4万1206台で、うち302台が貨車だった。設計上は1日5万8000台余りの車両が通関できるが、実際の利用ははるかに少ない。トラックは越境する税関を追加する場合に登録が必要であり、この手続きが煩雑であることが大きなネックとなっていた。また深圳湾口岸の周辺には飲食店などの関連施設も整備されていないことからトラックのドライバーには不評だ。

  こうした状況を改善するため当局は8月13日から越境貨車の登録手続きを免除した。7月1日から8月13日までのトラックの通行量は653台で、1日当たり平均15台に満たなかったが、14日からの10日間の通行量は3949台、一日当たり平均395台と急激に増えた。特に23日は1日の通行量としては初めて900台を突破した(8月24日付『香港商報』)。さらに8月16日から9月16日までの統計では貨車の通行量は2万9924台に達した。1日当たり平均935台で、当初に比べると約50倍もの増加となっている(十八日付『深圳特区報』)。

+++++++++++++++++++++++

■福田口岸 1カ月で92万人が利用

  福田口岸は8月15日に供用を開始した。同日開通したKCR落馬洲支線で乗り入れ、深圳側で地下鉄4号線に接続する。羅湖に続く第2の鉄道越境ルートだ。ただし税関総署や公安部などの検査、両地の調整で手こずったため、深圳湾口岸とともに予定されていた7月1日の供用開始からは大幅にずれ込んだ。

  深圳側では福田口岸の供用に先駆けた7月20日、福田口岸に接続する地下鉄4号線の皇崗駅が一般開放され、同線の運行間隔も短縮された。福田口岸の向かいでは大型サウナがオープンしたり、香港人向けの大衆レストラン「茶餐庁」が店員を増やすなど、福田口岸の供用を前に商機を当て込んだ動きが活発となっていた。

  福田口岸とKCR落馬洲支線の供用初日には約1万人しか利用がなかったが、最初の週末となった8月18日には4万人余りが利用した。そして供用から1カ月が過ぎた9月14日までの利用者は約92万人に上った(15日付『大公報』)。周辺のサウナや飲食店などの店舗では売り上げがそれまでより20-30%増加したという。

  だが目下のところ、福田口岸の利用者は1日当たり平均3万人で、1日当たりの処理能力15万人には遠く及ばない。落馬洲駅構内の店舗では利用者の少なさから商売にならず、テナント料の引き下げ要求が出ているほどだ。この背景には、福田口岸からの路線バスが4本しかなく、地下鉄以外にはアクセスが不便であることや、KCR落馬洲支線の運行時間に合わせて午後10時半で閉鎖されるため、深圳でナイトライフを過ごす香港人にとって利用しづらい面がある。

  ただし羅湖なども合わせた全体的な出入境者数を見ると、8月18日の単日で過去最高の約65万人余りが出入境した。これは今年のイースター連休に当たる4月7日に過去最高を記録した約64万人よりも多い。福田口岸の供用によって新たな出入境者の利用が開拓されたといえる。(香港ポスト編集部・江藤和輝)
[PR]

by deracine69 | 2007-10-07 14:26 | 中国  

北朝鮮技術者3人死亡 シリアのミサイル実験事故

10月5日21時42分配信 産経新聞

 【ワシントン=有元隆志】今年7月下旬にシリア北部の軍事施設で、短距離弾道ミサイル「スカッドC」(射程約500キロ)の燃焼実験中に爆発が起き、多数の死傷者が出たが、死者の中に北朝鮮のミサイル専門家3人も含まれていたことがわかった。中東情勢に詳しい情報筋が4日、明らかにした。3人は弾頭をミサイル本体にとりつける作業の指導、監督にあたっていたという。弾道ミサイル開発でのシリアと北朝鮮との、密接な協力関係を示すものといえる。

 爆発は7月26日、シリア北部のアレッポ郊外でおきた。シリア国営通信は、非常に爆発性の高いものが爆発し、シリア軍関係者15人が死亡、50人が負傷した、と報じた。

 一方、9月26日発行の英軍事専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウイークリーは、シリア国防筋の話として、爆発はびらん性のマスタードガスを搭載した短距離弾道ミサイル「スカッドC」の燃焼実験中に起きた。この事故で、数十人のイラン人技術者らが死亡し、マスタードガスや神経ガスのVX、サリンなどの化学物質が、軍事施設内に拡散したと報じていた。

 北朝鮮の技術者が化学兵器の製造にも関与していたかは不明だが、北朝鮮とシリアの軍事協力に関し、米政府は「外国の技術者が何人かシリア国内にいる。北朝鮮の人たちもいることは間違いない。われわれは注視している」(センメル国務次官補代理代行)と警戒を強めている。

 米ホワイトハウスは昨年9月、「9・11から5年、成功と挑戦」と題する報告書の中で、北朝鮮がシリアと大量破壊兵器やミサイル開発で協力していると批判。ミサイルと大量破壊兵器分野での北朝鮮との協力は「シリアの活動を強化している」と明記した。

 米国などは、北朝鮮がシリアに対してスカッドミサイルを輸出しているほか、ミサイル技術者の交換プログラムなどを行っているとみている。

 さらに最近では、北朝鮮がシリアの核開発にも協力しているとの疑惑が浮上している。北朝鮮、シリアともに核開発での協力を否定している。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-05 21:42 | 中国  

【中国】たばこパッケージに「腐乱した肺・ドクロのマーク」も

9月12日17時27分配信 サーチナ・中国情報局

9月11日、中国の禁煙推進教育を行う衛生部コミュニティー衛生局教育課の李新華課長は「『タバコ規制枠組条約』の規定に沿うような『腐乱した肺、髑髏のマーク、真っ黒になった歯』などの警告マークをタバコの箱に印刷する」と述べた。 <サーチナ&CNSPHOTO>

 禁煙推進教育を行う衛生部コミュニティー衛生局教育課の李新華課長は11日までに、「たばこ規制枠組条約」「『腐乱した肺、髑髏(どくろ)のマーク、真っ黒になった歯』などの警告マークをたばこの箱に表示することも、たばこ規制枠組条約の定めに沿っている」と述べた。
 
 「たばこ規制枠組条約」はWTOが制定する国際衛生条約で、中国は2009年1月までに条約を履行する義務がある。同条約は、「すべてのたばこの箱の表示面の50%以上、最低でも30%以上のスペースを使い、健康への悪影響を記載しなければならない」「写真や絵を利用してもよい」と定めている。

 写真は、現在中国で売られているたばこの箱に表示された警告。「喫煙は健康を害する」と書かれた下に、タール、ニコチン、一酸化炭素の量が記載されている。(CNSPHOTO)
[PR]

by deracine69 | 2007-09-12 17:27 | 中国  

開幕1年前のテーマソング完成へ=北京五輪

7月30日21時1分配信 時事通信

 【北京30日時事】北京五輪開幕1年前が8月8日に迫る中、北京と香港の2カ所で30日未明、中国と香港の歌手がスタジオに集まり、開幕1年前のテーマソングを録音した。曲名は「We Are Ready(準備はいいよ)」。23日から録音を開始。参加した歌手は中国、香港、台湾の延べ133人に上り、録音には100時間以上を費やした。

 8月4日に正式バージョンが発表され、1年前イベントなどで大々的にお披露目される見込み。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 21:01 | 中国  

人民解放軍が部隊訓練を公開、中国脅威論を打ち消す狙いか

7月30日19時54分配信 読売新聞

 【北京=牧野田亨】中国人民解放軍は30日、天津市郊外に駐屯する北京軍区歩兵第196旅団の訓練と施設の一部を海外メディアに公開した。

 同軍が取材を認めるのは異例。8月1日に建軍80周年の節目を迎えることもあり、軍の透明性をアピールし、国際社会に広がる「中国脅威論」を打ち消そうとする狙いがありそうだ。

 196旅団は北京、天津地区の防衛を担当する精鋭部隊で、隊員は約3500人。100メートル先の標的を打ち抜く射撃訓練や、2人1組での格闘技、迫撃砲の実射訓練などを披露した。4階建てのビルに立てこもった敵を制圧する訓練もあった。

 また、兵舎や食堂を公開し、隊員への取材も認めた。食堂にいた男性隊員(20)は「昨年12月に入隊した。祖国防衛に役立ちたかった」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 19:54 | 中国  

部下を平手打ち、抗議騒動=日本人課長謝罪-中国の三菱UFJ銀支店

7月30日12時1分配信 時事通信

 【北京30日時事】三菱東京UFJ銀行中国現地法人の深セン支店(広東省広州市)で、日本人課長が部下の中国人男性を平手打ちし、抗議した中国人同僚50人が課長の辞任を求める騒ぎがあったことが、30日分かった。

 同銀行によると、この課長は27日夜、支店内で品物を届けに来た中国人部下の右ほおを平手打ちした。課長は謝罪したが、中国人の同僚が抗議し、署名を集めて辞任を求めた。動機は不明だが、課長は「機嫌が悪かった」などと説明した。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 12:01 | 中国  

【中国】小便で汚染・水換えず、高級ホテルもプール不合格

7月25日12時24分配信 サーチナ・中国情報局

 上海市松江区の衛生当局はこのほど、同区内のプール15カ所の水質検査を実施したところ、尿素が基準値を超えたため5カ所が不合格となったことを明らかにした。同局では「プールの中で小便をしてしまう水泳客が多いことが一因」との見方を示した。新民網が伝えた。

 同局は「この他、水を定期的に交換しないことも原因だ」と述べた。最高級とされる「5つ星ホテル」のプールでも不合格となったケースがあるという。(編集担当:菅原大輔)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-25 12:24 | 中国