カテゴリ:中東( 148 )

 

<パレスチナ>統一政府樹立へ協議 ファタハ、ハマスが合意

2月27日11時21分配信 毎日新聞

 【エルサレム前田英司】アッバス自治政府議長の支持基盤ファタハと、イスラム原理主義組織ハマスなどパレスチナ各派は26日、統一政府樹立に向けて具体的な協議を進めることで合意した。五つの委員会を設置して統一政府の形態など重要課題について話し合い、3月下旬にカタールで開かれるアラブ連盟首脳会議までの結論を目指すという。

 各派はヨルダン川西岸とガザ地区に分かれたパレスチナの分断解消のため、エジプトの仲介で和解協議を再開していた。協議は今後曲折も予想されるが、イスラエル軍の攻撃で1300人以上が死亡したガザ地区の復興を前に、各派が足並みをそろえた形だ。

 中東の衛星テレビ「アルジャジーラ」によると、パレスチナ解放機構(PLO)主流派のファタハ幹部、クレイ元パレスチナ自治政府首相は「(和解こそ)世論が必要としていることだ」と意義を強調した。各委員会で、統一政府の形態▽PLOの再構築▽自治政府議長と評議会(国会に相当)議員の両選挙の実施--など、和解に不可欠な重要課題を詰めるという。

 パレスチナ内部は07年6月のイスラム原理主義組織ハマスによるガザ制圧で、ハマス支配下のガザと、ファタハ主導の自治政府が統治するヨルダン川西岸に分断した。以来、ハマスを「テロ組織」に認定するイスラエルなどはガザ封鎖を強め、これが復興進展の障害になっている。

 パレスチナ各派は実務者型の統一政府を実現するなどして国際社会の理解を得て、復興を加速させたい意向だ。

 一方、イスラエルのリブニ外相は26日、同国中部テルアビブでミッチェル米中東特使との会談後、ガザの復興について「支援は、ハマスの正当性を認めることなく行うことが必要だ」と指摘。ハマス孤立化への包囲網を崩さないよう、国際社会に求めた。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-27 11:21 | 中東  

「ハマスを日本のように屈服させよ」=イスラエル極右党首

2009/01/14-00:37 時事通信

 【エルサレム13日AFP=時事】イスラエル紙エルサレム・ポスト(電子版)が13日報じたところによると、極右政党「わが家イスラエル」のリーバーマン党首(写真)は12日、大学でのスピーチで、第二次大戦終結時に米国が日本を屈服させたように、イスラム原理主義組織ハマスと戦い続けるべきだと主張した。

 同党首は「第二次大戦中に米国が日本に対して行ったのと同様、ハマスとの戦いを続けなければならない」と語った。日本は1945年、広島と長崎に原爆が投下された後、降伏している。

 同党首はまた、「イスラエルはハマスの意志を打ち砕かねばならない」と強調。「ハマスが力を保持している限り、イスラエルは安全ではない」と述べた。 〔AFP=時事〕
[PR]

by deracine69 | 2009-01-14 00:37 | 中東  

「イスラエルが攻撃するほどハマス支持は強まる」

1月4日22時40分配信 産経新聞

 【カイロ=村上大介】暗闇の中に浮かび上がる暗視ゴーグルをつけた歩兵と戦車部隊-。イスラエル軍が地上侵攻を開始した3日夜、パレスチナ自治区ガザ地区の夜空は戦車の砲撃で明るく照らし出され、激しい銃声に住民たちは眠れない夜を過ごした。

 イスラエル軍は4日、ガザ地区を南北に貫通する幹線道路を真ん中で封鎖し、ガザを2つに分断、ロケット弾が発射されるガザ北部で重点的に軍事作戦を展開している。イスラム原理主義組織ハマスの戦闘員は迫撃砲などで応戦しているが、イスラエル軍はガザ市周辺にも迫っており、住民によると、4日午後には市南西部から銃声が聞こえているという。

 イスラエル軍が迫っているガザ市周辺部の住民の多くは中心部に向けて避難し、息を潜めている。ガザ市内の海岸沿いに住んでいたジャマル・ハラビーさん(40)は空爆で自宅アパートが半壊。海上封鎖にあたるイスラエル艦船が海からも砲撃してくることから、少し内陸にある妻の実家に避難した。電気が途絶えて3日たち、水道もほとんど出なくなった。親類が避難してくることから食糧も底を突きかけている。

 「住民を人質に取るハマスのやり方には批判的だったが、いまは内部で争うときではない。イスラエルが攻撃すればするほど、住民のハマス支持は強まるばかり。奇妙な戦争だ」と電話の向こうで語った。

 フランス通信(AFP)によると、イスラエル軍は、パレスチナのテレビやラジオの電波を乗っ取り、「ハマスの指導部よ、おまえたちのの命脈は尽きた」「ハマスの指導者は、あなたたちを前線に置き去りにして、自分たちだけトンネルに隠れている」といったメッセージを流し、心理戦も仕掛けている。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-04 22:40 | 中東  

ガザ地上侵攻 アラブ諸国に無力感…対ハマスで乱れ

1月4日22時22分配信 毎日新聞

f0013182_0553256.jpg 【カイロ高橋宗男】イスラエル軍のパレスチナ自治区ガザ地区への地上侵攻を受け、アラブ諸国はこれを「侵略」だと非難するとともに、停戦決議を取りまとめられない国連安保理に対し批判を強めている。ただこうした批判の裏には、イスラム原理主義組織ハマスを巡り穏健派と強硬派に割れるアラブ諸国の足並みの乱れがあり、「アラブの連帯」を体現できない無力感が透けて見える。

 エジプト大統領府は4日、「地上侵攻開始を最大限非難する」との声明を出し、イスラエルに作戦の即時停止を求める一方、国連安保理と、米露、国連、欧州連合(EU)で作る「中東和平カルテット」に侵攻停止のため速やかに責任を果たすよう要請した。

 エジプト政府系の中東通信によると、アブルゲイト外相は「即時停戦を要求できなかったことをイスラエルは侵攻への青信号とみなした」と国連安保理を非難。さらに「常任理事国のメンバーは決議採択を阻むことで作戦継続の猶予を与えた」と、名指しを避けつつも米国批判を繰り広げた。

 だがこうした批判の一方、アラブ諸国が一致して有効策を打ち出せないことも明白だ。アラブ連盟(22カ国・機構)は12月31日に緊急外相会議を開催したが、カタールが提案した首脳会議の開催はエジプトやサウジアラビアの反対で実現しなかった。結局、サウド・サウジアラビア外相ら6カ国の外相を5日からニューヨークの国連本部に派遣、早急な停戦決議採択を求める対応にとどまり、安保理にげたを預けた形だ。

 アラブ諸国が連帯できない背景には、パレスチナ自治政府を主導するパレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハを支持するエジプトやサウジアラビアなどの穏健派と、ハマスを支援するシリアやレバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラといった強硬派の間の温度差がある。

 エジプトは人道物資と負傷者の搬送以外でガザ境界の開放を拒絶。これはアッバス自治政府議長の正統性を損ない、ハマスに有利な状況を作り出すと懸念しているためとみられる。穏健諸国には、ハマスやシリア、ヒズボラに影響力を持つイランへの警戒感も強い。

 ただ、シリアやヒズボラなどの強硬派もイスラエルに対抗する手段を持ち合わせていない。イスラエル側はヒズボラによる北部への攻撃を警戒するが、ヒズボラも06年夏の第2次レバノン戦争のような被害を招きたくないのが実情だ。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-04 22:22 | 中東  

イスラエル軍:ガザに地上侵攻…クラスター弾も使用か

2009年1月4日20時36分 毎日新聞

 【エルサレム福島良典、前田英司】イスラエル軍は3日夜(日本時間4日未明)、イスラム原理主義組織ハマスが支配するパレスチナ自治区ガザ地区に地上侵攻し、ハマス戦闘員と交戦した。先月27日に空爆が始まったイスラエル軍のガザへの軍事作戦は新たな段階に入り、一般市民死傷者の増加と、イスラエルとハマスの「報復の連鎖」激化は避けられない情勢だ。

 侵攻は05年9月にガザからイスラエル軍が撤退して以来、最大規模。侵攻したのはガザとの境界に集結していた戦車・歩兵・砲兵部隊など数千人で、軍報道官によると、作戦はハマス軍事部門の解体を目的にしている。

 イスラエル放送などによると、軍はハマスのロケット弾発射拠点のあるガザ地区最北部、主要都市ガザ市東郊、ガザ地区南部の3方面から侵攻し、幹線道路を制圧して地区を分断。ガザ市近郊など地区北部で激しい戦闘が展開された。AP通信によると、地上侵攻開始後、市民20人を含むパレスチナ人23人が死亡。イスラエル軍は同軍兵士30人が交戦で負傷したと発表した。

 侵攻に先立ち、イスラエル軍はガザに地上から砲撃を加え、イスラエルの民間テレビ・チャンネル10は不発弾による民間人被害が甚大なクラスター爆弾が使用されたと伝えた。ガザへの空爆、海上からの砲撃も続いた。

 オルメルト・イスラエル首相の報道官は「ガザを再占領したくはない。作戦は自衛目的」と強調した。だが、イスラエル軍は招集予備役を増強しており、バラク国防相は「必要なだけ軍事行動を拡大、強化する。作戦は短期でも、たやすくもない」と作戦長期化の可能性も示唆した。

 サルコジ仏大統領が5日から中東訪問を予定するなど、早期停戦を目指す国際社会の仲介が本格化する矢先だった。地上侵攻で、イスラエルとハマスに停戦を求める国際圧力が高まるのは必至だ。

 イスラエル紙ハーレツによると、イスラエルは半年前からガザ攻撃の準備に着手。先月27日から9日連続の空爆でロケット弾発射拠点、武器密輸トンネルなどを破壊し、ハマス幹部らを殺害した。ロイター通信によると、空爆開始以来のパレスチナ人死者は市民を含め500人を超えた。

 イスラエル軍はレバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラがロケット弾を撃ち込む事態に備え、イスラエル北部の警戒を強化している。

 ◇ハマス
 イスラム教スンニ派の原理主義組織。87年創設。イスラエルとの和平に反対し、全パレスチナを含むイスラム国家樹立を目指す。政治部門と軍事部門に分かれ、武装闘争と並行し、難民や貧困層に焦点を当てた教育・医療福祉活動で支持を拡大、06年1月のパレスチナ評議会(国会に相当)選挙で圧勝した。その後穏健派ファタハとの対立を深め、07年6月にガザ地区を武力制圧した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-04 20:36 | 中東  

<ガザ>イスラエル軍 地上侵攻を開始

1月4日4時54分配信 毎日新聞

 【エルサレム支局】イスラエル軍は3日夜(日本時間4日未明)、パレスチナ自治区ガザへの地上侵攻を開始した。軍報道官が米CNNテレビなどに確認した。イスラム教原理主義組織ハマスのロケット攻撃陣地の制圧が主な目的。軍当局によると、作戦は長期間に及ぶ予定だという。先月27日に始まり、死者が440人を超えた対ガザ攻撃は、さらに拡大した。

 ロイター通信によると、ガザ北部ベイト・ラヒヤの住民が、戦闘ヘリを伴った戦車が境界のフェンスを越えて侵攻を開始するのを目撃した。一部の戦車は砲撃を行っていたという。ガザの別の場所でも侵攻が始まったとの情報もある。

 イスラエル軍報道官は「歩兵、工兵、海軍も関与している」と説明、標的が多いため作戦は長期間に及ぶとの見通しを示した。侵攻開始を受け、イスラエル当局は数万人の予備役の追加招集を発表した。

 リブニ・イスラエル外相は地元テレビに「今回の作戦が長期的な平穏をもたらすことを期待している」と述べ、ハマスに対する軍事的圧力を強めて停戦交渉を有利に進める意図を示唆。今後、数次にわたる作戦が必要になる可能性もあると語った。

 ハマスは侵攻作戦を激しく非難、ガザ領内の交戦でイスラエル兵士数人を殺害したと発表した。

More
[PR]

by deracine69 | 2009-01-04 04:54 | 中東  

ハマスを一方的に非難=市民の犠牲には「遺憾」-米大統領

2009/01/03-09:02 時事通信

 【ワシントン2日時事】ブッシュ米大統領は3日の週末ラジオ演説で、イスラム原理主義組織ハマスが実効支配するパレスチナ自治区ガザに対するイスラエル軍の空爆を取り上げ、「最近の暴力はハマスによって引き起こされた」とハマスを一方的に非難した。ホワイトハウスが2日、演説内容を公表した。今回の軍事行動をめぐって大統領が公の場で発言したのは初めて。

 ブッシュ大統領は、2007年6月にガザを制圧したハマスが恒常的に停戦を破り、イスラエル領内にロケット弾を撃ち込んでいたために、同国が軍事行動を起こしたと米国民に説明。「ハマスのテロリストたちは民間居住区に隠れ、無実の市民を危険にさらしている」と述べ、イスラエル擁護の立場を鮮明にした。ただ、空爆で市民に犠牲が出ていることには「遺憾」の意を表明した。

 その上で大統領は「米国は意味ある停戦の実現に向けた外交努力を主導している」とし、ハマスへの武器流入停止を監視するメカニズムを伴う停戦合意が必要だと強調した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-03 09:02 | 中東  

「持続的停戦」へ努力=ハマスを非難-米国務長官

1月3日0時20分配信 時事通信

 【ワシントン2日時事】ライス米国務長官は2日、パレスチナ自治区ガザに対するイスラエルの軍事行動について、ブッシュ大統領に状況を説明した。その後、ライス長官は記者団に対し、米国は「長期的に持続可能な停戦」の実現へ努力していると述べ、アラブ、欧州の関係各国と精力的に協議していることを明らかにした。

 ライス長官はこの中で、イスラエルの軍事行動を容認する立場を重ねて表明。ガザを実効支配しているイスラム原理主義組織ハマスは「ガザをロケット弾の発射台に利用している」と述べ、ハマスの対イスラエル攻撃を非難した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-03 00:20 | 中東  

<ガザ空爆>1週間で死者400人超

1月2日19時52分配信 毎日新聞

 【エルサレム前田英司】パレスチナ自治区ガザ地区を支配するイスラム原理主義組織ハマスを狙ったイスラエル軍の空爆は2日、先月27日の開始から1週間が経過し、ロイター通信によるとパレスチナ人死者は414人に達した。イスラエルは停戦を求めるフランスとの対話に応じる一方、1日にはハマス幹部を爆撃で殺害するなど、将来的な停戦を有利に進めるためハマスへの圧力を強めている。

 イスラエルのリブニ外相は1日、パリでサルコジ仏大統領、クシュネル外相と会談した。仏が提案したガザに人道物資を運搬するための48時間停戦を拒否した理由について、リブニ外相は「広範囲の物資輸送を認めており、ガザで人道危機は起きていない」と説明した。サルコジ大統領は5日からイスラエルなど中東諸国を訪れ、停戦実現に向けた調停を続ける。

 イスラエル軍は1日、ガザ地区北部ジャバリヤ難民キャンプのハマス幹部、ニザル・ラヤン氏の自宅を空爆、同氏と妻子ら計10人を殺害した。ラヤン氏は対イスラエル自爆テロを提唱する最強硬派とされ、04年4月に暗殺されたハマス指導者ランティシ氏以来の有力幹部殺害とみられる。

 イスラエルのメディアによると、軍は政府に対し、短期間ながらガザへの本格的な地上侵攻の必要性を提言した。ガザ境界に集結した部隊はほぼ戦闘態勢を整えている模様だ。軍は2日、ガザ在住の外国人にイスラエル側への通行を認め、約200人が退去した。

 イスラエルは停戦条件として、ガザからのロケット弾攻撃の停止や、空爆によって弱体化したハマスの再武装化を阻止する「枠組み」(政府幹部)の構築を模索している。一方、ハマスはまずイスラエル軍が攻撃を停止し、ガザの封鎖を解除するよう主張している。

 フランスのほか、トルコなども停戦の調停に動いているが、ハマスはラヤン氏殺害で態度を硬化させている。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-02 19:52 | 中東  

携帯メールで攻撃の脅し=イスラエル市民に情報戦-ハマス

1月2日15時5分配信 時事通信

 【エルサレム2日時事】イスラエル紙イディオト・アハロノト(電子版)によると、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスは1日、多数のイスラエル市民に対し、ロケット弾攻撃を加えると脅す携帯電話の簡易メール(SMS)を送信した。

 メールはイスラエルのユダヤ人の公用語であるヘブライ語で、「ロケット弾はすべての町に向けられ、シェルター(避難所)はあなたを守らない。ハマス」と記載。ハマス軍事部門筋が送信の事実を認めた。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-02 15:05 | 中東