<   2006年 12月 ( 528 )   > この月の画像一覧

 

ソマリア暫定政府、キスマユ包囲へ UICは抗戦の構え

2006年12月31日23時48分 朝日新聞

 アフリカ東部ソマリアで、イスラム勢力「イスラム法廷連合」(UIC)から首都モガディシオを奪回した暫定政府軍とエチオピア軍は31日、UICが新たな拠点とする首都の南西500キロの港湾都市キスマユに向け進軍した。米政府は双方に和平協議を呼びかけており、暫定政府のアイディード副首相は同日、「キスマユを包囲するが、UICが交渉に応じるための猶予は与える」とAFP通信に話した。

 しかし、今も約3000人の兵力を持つとされるUICは、エチオピア軍が撤退しない限り和平協議には応じない姿勢を崩していない。同通信によると、UICのアフメド最高評議会議長は「(エチオピアの)植民地支配より自由の方がいい。宗教のため最後の1人まで戦おう」とキスマユ住民に呼びかけた。キスマユの北100キロのジリブに陣取っており、AP通信は暫定政府側との交戦が一部で始まったと伝えた。

 赤十字国際委員会によると、20日に始まった一連の戦闘による死者は、数百人にのぼるという。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 23:48 | アフリカ  

バンコクの7か所で同時爆発…3人死亡、20人重軽傷

12月31日22時59分配信 読売新聞

 【バンコク=田原徳容】タイの首都バンコク中心部で31日、7か所でほぼ同時に爆発が起き、英字紙ネーション(電子版)によると、少なくとも3人が死亡、約20人が重軽傷を負った。犯行声明などは出ていない。

 タイ警察の調べなどによると、爆発はサパンクワイ、クロントイ両地区や戦勝記念塔周辺などで発生。サパンクワイ地区のスーパーマーケットでは1人が死亡したとされ、歩道橋から手投げ弾のようなものを投げる男の姿が目撃されたという。

 暫定政府のヨンユット報道官は読売新聞の取材に「4か所で爆発があり、多数の負傷者が出たことを確認した。詳細を調べている」とした。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 22:59 | アジア・大洋州  

<タイ>バンコクで同時爆弾テロ、2人死亡

12月31日22時20分配信 毎日新聞

 【バンコク藤田悟】31日午後6時(日本時間午後8時)ごろ、バンコク中心部の戦勝記念塔付近など6カ所でほぼ同時に爆弾が爆発し、2人が死亡、少なくとも20人が負傷した。タイ警察は同時爆破テロ事件として捜査している。
 爆発があったのはほかに▽ルンピニ公園に近いクロントイ地区の路上▽スクムビット通り62の交差点▽サパン・クワイ地区のスーパー――のほかバンコク郊外の2カ所。中心部を走るスカイトレイン(BTS)スクムビット線にほぼ沿った場所が主にターゲットとなった。ゴミ箱などに仕掛けられた爆弾が爆発したほか、スーパーに手りゅう弾が投げ込まれたとの目撃情報もある。
 バンコクにはこの時期、多くの日本人観光客が訪れるが、在タイ日本大使館によると日本人が被害に遭ったとの情報は入っていない。
 タイでは06年9月19日、タクシン前首相の追放を目的に国軍がクーデターを決行。タクシン政権は崩壊し、スラユット暫定政権が発足した。しかし、タクシン氏の地盤である北部などでは依然としてタクシン支持層が多い。このため、親タクシン勢力による暫定政権揺さぶりを目的としたテロとの見方が強い。タイ治安当局はバンコクでの新年カウントダウン行事や年始イベントの中止を命じた。
 バンコクでは06年3月にプレム枢密院議長公邸前で爆弾が爆発する事件があったが、無差別的な同時爆破テロは近年では例がない。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 22:20 | アジア・大洋州  

<ソマリア>米軍に海上臨検を要請 暫定政府外相会見

12月31日21時59分配信 毎日新聞

 【ナイロビ白戸圭一】ソマリアの首都モガディシオを制圧した同国暫定政府のイスマイル・フレ外相が31日、ナイロビ市内で毎日新聞の会見に応じ、イスラム原理主義勢力「イスラム法廷連合」の外国人戦闘員の国外逃亡を防ぐため、ソマリア沖での海上臨検と戦闘員の拘束を米軍に要請したことを明らかにした。
 海上臨検による戦闘員の拘束は「対テロ戦争」を進める米国の利益にも合致するため、米国も関心を寄せているとみられる。米国は暫定政府を外交的に支持しているが、外相の発言は、米国と暫定政府が軍事面でも緊密な関係にある可能性を示唆するものとして注目される。
 外相は法廷連合について「国外の多数のイスラム主義者が参加している」と指摘。外国人戦闘員の出身地としてサウジアラビア、パキスタン、チェチェン(ロシア)などを挙げ、「米国籍や英国籍を持つソマリア人も参加しているとの確たる証拠を持っている」と述べた。
 28日に首都を明け渡した法廷連合は南部の港湾都市キスマユに集結しており、外相は「暫定政府とエチオピアの部隊がキスマユへ進軍しており、今後は外国人テロリストが海上から脱出する可能性がある」と米軍に海上臨検を依頼した理由を説明した。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 21:59 | アフリカ  

景気拡大「実感ない」56% 大阪の中小企業

2006年12月31日20時36分 朝日新聞

 業績は好転しそうだが、まだ景気拡大を実感はできるほどでない――。大阪信用金庫(本店・大阪市)がまとめた07年の業況予測調査で、こんな中小経営者の景気認識が浮き彫りになった。大阪経済の原動力とされる中小企業だが「いざなぎ超え」といわれる景気拡大の効果は、まだまだ及んでいないようだ。

 業績が「非常に良くなる」「やや良くなる」と回答した企業は23.1%で、「非常に悪化」「やや悪化」と答えた17.9%を超えた。だが景気拡大については「実感している」の4.3%に対し、「実感していない」が56.8%と大きく上回った。

 「実感している」割合が比較的高いのは、地価上昇で取引が活発化している不動産業や建設業など。逆に「実感していない」との回答は、家族経営で大型店舗などに客足を取られている小売業、飲食業などに多かった。原油や鉄鋼など原材料費のコスト増を危ぶむ企業も多く、利益予想も「減少」が「増加」を上回った。

 同金庫は「経営者は景気拡大を認識しつつも、自社の業績とのギャップを感じている。中小・零細企業まで景気拡大が浸透してくれればいいのだが」と話している。

 調査は同金庫が12月上旬、大阪府内の取引先の中小企業に聞き、1577社から回答を得た。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 20:36  

<フセイン死刑執行>故郷の村に埋葬 新たな処刑前の映像も

12月31日19時24分配信 毎日新聞

 【カイロ高橋宗男】30日に絞首刑になったフセイン元イラク大統領の遺体が31日未明、出身地である北部ティクリート近郊のオウジャ村の一族の墓所に埋葬された。地元出身部族長らがロイター通信などに語った。また、中東の衛星テレビ「アルジャジーラ」が放映した新たな映像などから、処刑の際の新たなやり取りが明らかになった。
 同通信によると、元大統領の葬儀は同村の墓所で31日午前3時(日本時間同日午前9時)過ぎから始まった。墓所には、03年7月にイラク駐留米軍によって殺害された元大統領の長男ウダイとニ男クサイ両氏も眠っている。
 アルジャジーラなどが放映した、携帯電話のビデオカメラで撮影されたとみられる映像によると、元大統領は絞首台の前で「アラーは唯一の神。ムハンマドは神の預言者」と唱えた。元大統領が復唱しようとした瞬間に足元の扉が開き、言葉は「ムハンマド」で途切れた。映像には「圧政者は死んだ」「3分ぐらいつるしたままにしておけ」などという声が記録されている。
 また、処刑に立ち会ったイラク高等法廷のハダド判事が英BBC放送に語ったところでは、執行者が「イラクをなぜ崩壊させた」と言ったところ、元大統領は「私は侵略者を、ペルシャ人を、イラクの敵を撃退した。イラクを貧困から裕福な世界に変えた」と反論したという。
 AP通信によると、バグダッド各地では30日、拷問を受けたとみられる少なくとも12人の遺体が発見された。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 19:24 | イラク戦争  

密猟の犠牲者、野生動物を焼却処分―雲南省昆明市

f0013182_16534191.jpg
12月31日16時0分配信 Record China

2006年12月29日午前、雲南(うんなん)省昆明(こんめい)市の森林公安局は、密猟者から押収した野生動物の死骸を焼却処分した。

寒帯、温帯、熱帯の3つの気候が存在する雲南省は、多種多様の野生動物や植物が生息していることから、「動植物の王国」とも呼ばれている。しかし、昔から野生動物の密猟が頻発しており、森林公安局はその対応に苦慮してきた。近年、中国政府は取締りを強化。「動植物の王国」存続のために、森林公安局の警官たちが目を光らせている。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 16:00 | アジア・大洋州  

フセイン元大統領の遺体、出身地ティクリートに

12月31日13時39分配信 ロイター

 [バグダッド 30日 ロイター] イラクのフセイン元大統領の遺体が30日、出身地ティクリートに搬送された。元大統領の死刑はこの日に執行された。
 元大統領の家族は声明を通じ、遺体はスンニ派武装勢力の拠点でもあるラマディに埋葬されると明らかにした。
 ロイターが入手した同声明によると、元大統領は最後に面会した弁護士に対し、アウジャかラマディでの埋葬を希望。これに基づき家族がラマディでの埋葬を決めたとしている。埋葬の日程については明らかにしていない。
 また、出生地に近いアウジャでなく、バグダッドから西に110キロ離れたラマディを選んだことについては「家族の事情や現在の治安情勢」によるものだとしている。
 2003年に米軍によって殺害された元大統領の長男ウダイ氏と次男クサイ氏はともに、アウジャに埋葬されている。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 13:39 | イラク戦争  

2人暮らしの母スノボ、アパート火事で2歳男児死亡

12月31日12時34分配信 読売新聞

 30日午後10時20分ごろ、埼玉県和光市白子、アパート「ホープハイツB」2階の藤原このみさん(24)方から出火、藤原さんの部屋約30平方メートルを全焼し、焼け跡から藤原さんの長男猛成(たけあき)ちゃん(2)の遺体が見つかった。

 朝霞署によると、藤原さんは猛成ちゃんと2人暮らし。藤原さんは30日午前5時半ごろから、友人とスノーボードをするため出かけており、出火当時、部屋には猛成ちゃんだけが残されていたという。
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 12:34 | 社会  

<飲酒運転>懲戒処分の検事が辞職 名古屋法務局

12月31日10時55分配信 毎日新聞

 原付きバイクを飲酒運転し、道交法違反の罪で略式起訴されて懲戒処分を受けた名古屋法務局付検事、玉越義雄・前訟務部長(54)は31日付で辞職する。

 玉越前部長は今年10月27日夜、職場の懇親会でビールを飲んだ後、自宅近くの名古屋市営地下鉄赤池駅まで電車で行き、通勤用の原付きバイクを運転。検問で呼気1リットル中0.20ミリグラムのアルコールが検出された。

 玉越前部長は名古屋高裁判事から検事として名古屋法務局に出向中で、同局は先月、局付検事に降格する懲戒処分を行った。その後、本人が依願退職を申し出たという。全国の自治体では、職員の飲酒運転は原則、懲戒免職とする動きが相次いでいるが、同局は飲酒運転の懲戒基準を設けておらず、「飲酒量が少ないことも考慮して、処分を決めた」としていた。【岡崎大輔】
[PR]

by deracine69 | 2006-12-31 10:55 | 司法