<   2007年 01月 ( 535 )   > この月の画像一覧

 

「踏み字」取り調べ事件、控訴を断念 鹿児島県警

2007年01月31日22時31分 朝日新聞

 公職選挙法違反にかかわる容疑で鹿児島県の男性が任意の取り調べを受けた際、県警の警部補(44)から自白を迫られ、紙に書かれた親族の名前や親族からのメッセージを踏むよう強要されたとされる「踏み字事件」の国家賠償請求訴訟で敗訴した県は31日、控訴しないことを決めた。同日の記者会見で県警の岸敬也警務部長は「踏み字については違法と言われても仕方がない」と語った。

 これを受けて訴訟手続き上、被告になっていた県の伊藤祐一郎知事も「自浄作用が働いた結果ではないか」とコメントした。踏み字などについて「取り調べ手法が常軌を逸し、公権力を笠に着て男性を侮辱した」と認定、慰謝料など60万円の支払いを県に命じた18日の鹿児島地裁判決が確定する。

 この訴訟は同県志布志市のホテル経営、川畑幸夫さん(61)が起こしていた。川畑さんは03年の県議選で、ビールを配って候補者への支援を依頼した買収容疑をかけられ、3日間取り調べを受けた。訴訟ではこの時の取り調べの妥当性が問われ、地裁が違法行為を認定した。

 川畑さんは「思わず万歳した。支えてくれた人たちに感謝したい。二度と同じことを起こさないように警部補には謝罪してほしい」と話した。川畑さんは警部補を鹿児島地検に特別公務員暴行陵虐容疑で告訴しているが、取り下げるつもりはないという。

 一方、県警の岸警務部長は問題の警部補の処分について「国家賠償法上の判断は処分と直結するものではない。適切に検討したい」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 22:31 | 政治  

野党女性議員、柳沢厚労相の辞任求め集会=民主・菅氏「恥ずかしい国」と批判

1月31日21時1分配信 時事通信

 民主、共産、社民、国民新の野党4党の女性議員有志が31日夕、参院議員会館で、女性を「産む機械」に例えた柳沢伯夫厚生労働相の辞任を求める緊急集会を開いた。応援に駆け付けた民主党の菅直人代表代行は「柳沢氏は少子化対策担当として最も不適格な人だ。『美しい国』ではなく『恥ずかしい国』になった」と批判した。

 また、社民党の福島瑞穂党首は「発言は外国メディアも大きく報道している。柳沢氏をかばい続ける安倍晋三首相や官邸は認識が鈍いし甘い」と語った。集会には市民団体や労働組合のメンバーらも出席した。 
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 21:01 | 政治  

<談合防止>防衛施設庁からの誓約書に尻込み ゼネコン各社

1月31日16時11分配信 毎日新聞

 怖くて入札に参加できません――。ゼネコン各社が昨年12月以降、防衛施設庁から提出を義務づけられた厳しい誓約書を前に、尻込みしている。「将来、公正取引委員会に処罰を受けた場合、2年間指名停止にされても構わない」とする内容で、昨年5月に同庁発注の官製談合事件で立ち入り検査を受け、処分を待つばかりの各社は「誓約書が出せる状況ではない」と頭を抱える。参加社がゼロで入札が延期されたケースが既に約5件に上るなど、実際の入札にも影響が出始めている。

 毎日新聞が入手した誓約書の例文(同庁作成)によると、文書は過去に談合をしていないし、今後もしないことを誓約するもの。そのうえで「将来、公取委から排除措置命令などを受けた時は、指名停止期間を最大24カ月とするなど、しかるべき措置を課されても異議を申し立てない」と記載されている。

 こうした誓約書は通常、事前に談合情報が流れた入札に限り、提出が義務づけられる。しかし、同庁は昨年12月以降に行われた全建設工事の入札で実施。さらに、不正発覚後の指名停止期間を、通常の1年未満に比べ重く設定している。

 関係者によると、入札が延期になったうちの一件は、東京防衛施設局発注の自衛隊中央病院・第5工区工事(東京都世田谷区)。入札参加資格があることを証明する書類の提出期限だった昨年12月25日までに、希望社が一社も現れず、2月5日だった入札日を3月15日に延期した。

 あるゼネコン幹部は「公取委の処分が確実なのに、指名停止期間が長すぎる」と話し、別のゼネコン幹部も「施設庁主導の官製談合だったのに、自分だけいい格好をして業界をいじめている」と反発する。一方、同庁幹部は「業界にとっては厳しい誓約書だが、国民の厳しい視線も理解してほしい」と話す。

 事件は東京地検が昨年1~3月、元技術審議官らを逮捕・起訴して終結した。現在は、法人に行政処分をするかどうかについて、公取委が調査を続けている。【川辺康広、反田昌平】
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 16:11 | 経済・企業  

英バンド「ポリス」がグラミー賞授賞式で再結成へ

1月31日16時7分配信 ロイター

 [ニューヨーク 30日 ロイター] 1980年代に「ロクサーヌ」や「孤独のメッセージ」、「見つめていたい」など数多くのヒット曲を出した英ロックバンド「ポリス」が、来月11日に米ロサンゼルスで開かれる第49回グラミー賞授賞式で再結成する予定であることがわかった。グラミー賞事務局が30日明らかにした。コンサートツアー再開の観測も強まっている。

 リーダーのスティングを中心にスチュワート・コープランド、アンディー・サマーズの3人から成るポリスは、これまでに5度のグラミー賞を受賞。1984年の活動停止後は、2003年に音楽の殿堂入りを記念して演奏したのが最後のパフォーマンスとなっている。

 同事務局の声明によると、ポリスはグラミー賞のオープンニングで歴代の受賞者を紹介するコーナーに登場するという。

 ポリスのメンバーはこれまで、「ロクサーヌ」のリリースから30周年となる2007年に英国と米国で再結成されるとのうわさを否定してきた。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 16:07 | ヨーロッパ  

<柳沢厚労相>辞任論拡大「参院選前に早く辞めた方が…」

f0013182_1511438.jpg1月31日14時48分配信 毎日新聞

 柳沢伯夫厚生労働相が「女性は産む機械」と発言した問題で、与党内の辞任論は31日午前、参院自民党を中心にさらに広がった。

 参院自民党の矢野哲朗国対委員長は塩崎恭久官房長官と会い「(柳沢氏が辞任しなくても)06年度補正予算案は野党欠席のまま成立させることができるかもしれないが、07年度予算案の審議に野党が欠席したらどうなるか」と、柳沢氏辞任がなければ国会の混乱は必至との見方を示した。さらに「参院選の前に自民党にマイナスになることは(参院自民党として)させない」と、柳沢氏の続投は容認できないとの考えを伝えた。

 その他の参院自民党幹部も同日午前、「辞めるなら早く辞めた方がいい」「後は本人の判断だ」などと突き放す声が相次いだ。

 一方、安倍晋三首相は31日午前の参院本会議で「厚労相の発言は極めて不適切で、厳重に注意した。多くの女性の心を痛めたことに対し、私も深くおわび申し上げます」と陳謝。柳沢発言で首相自身も謝罪したのはこれが初めてで、任命責任を認めた形だ。

 ただ、首相は「厚労相は深刻に反省しており、国民の信頼を得られるよう職務を全うしてもらいたい」と続け、改めて辞任を否定。柳沢厚労相も「不適切な表現を用い、女性の方を傷つけたことについて改めて深くおわびしたい」と述べた。

 本会議に先立って、首相は片山虎之助参院自民党幹事長や公明党の太田昭宏代表らに電話で「柳沢厚労相のことでいろいろご迷惑をかけているが、柳沢氏には(閣内に)残ってもらいますから」と柳沢氏更迭の意思がないことを伝えた。

 これについて、参院幹部の1人は「柳沢氏も辞めろと言われて辞めるわけにはいかないだろう。タイミングの問題だ」と述べ、重ねて柳沢氏辞任を促した。柳沢氏を擁護する首相官邸と早期の自発的辞任を期待する参院自民党との間のズレが露呈しつつある。

 一方、自民党の二階俊博国対委員長と公明党の漆原良夫国対委員長ら衆院側の与党幹部は同日午前、東京都内のホテルで会談し「柳沢氏は辞任する必要はない」との認識で一致。首相の意向にあわせる構えを示した。

 二階氏らは今後の国会運営についても協議。民主、社民、国民新党の野党3党が審議に応じなくても、同日午後、衆院予算委員会で07年度予算案と06年度補正予算案の趣旨説明を予定通り行う方針を確認した。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 14:48 | 政治  

<番組ねつ造>納豆「若返り」でも発言ねじ曲げか

1月31日11時56分配信 毎日新聞

 関西テレビ(大阪市北区)制作の番組「発掘!あるある大事典2」(今月23日に放送打ち切り発表)で、昨年7月30日放送の「納豆で若返る」の回でも、海外研究者の発言をねつ造した疑いのあることが31日、分かった。「納豆ダイエット」(今年1月7日放送)と同様、吹き替えや字幕で海外研究者の発言をねじ曲げていた。「若返り」の回は「納豆ダイエット」を制作した孫請け制作会社「アジト」とは別の制作会社が担当していた。

 タイトルは「世界が大注目!納豆で若返る方法」。納豆には、若返りに効果のあるポリアミンという物質が多く含まれる、と紹介した。

 制作会社の担当者は、ポリアミン研究の第一人者として、イギリス食品総合研究所のアントニー・マイケル研究員に取材。番組ではマイケル氏の発言を吹き替えと字幕で「納豆には人間を老化させない強力な若返り物質が多く含まれていることが、最近の研究で分かってきたのです」などと紹介した。

 しかし、毎日新聞がマイケル氏に問い合わせたところ、「ポリアミンが人間の老化プロセスに作用するとの科学的根拠はないし、納豆について研究したこともない」と電子メールで回答があった。さらに「昨年7月の取材時、『(マイケル氏の)実験室で被験者に納豆を食べさせる実験をしてほしい』との要請を私が拒否すると、担当者がその場で、日本のディレクターと携帯電話で連絡を取った」と説明。「妥協案として『発酵した大豆にはポリアミンが多く含まれているが、ポリアミンはほとんどすべての食品に含まれている』と説明することで合意した」という。【「あるある」問題取材班】
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 11:56 | ジャーナリズム  

<米国>ブッシュ政権が気象学者に圧力 民間団体が調査公表

1月31日11時54分配信 毎日新聞

 【ワシントン和田浩明】ブッシュ米政権下で連邦政府機関に勤務する気象学者のうち150人が、過去5年間で延べ435回にわたって「気候変動」という言葉を報告書から削除したり研究結果を政権の方針に合わせるよう求められるなどの「政治的介入」を経験していた。米民間団体「憂慮する科学者同盟(UCS)」などが30日公表した調査で明らかになった。

 ブッシュ政権は温暖化防止対策を定めた京都議定書から離脱し、最近まで地球温暖化と経済活動の因果関係を疑問視する姿勢を維持していた。昨年11月の中間選挙での与党共和党の大敗を受け、大統領は23日の一般教書演説で温暖化は「深刻な問題」との認識を示したものの、連邦レベルでの温室効果ガス規制には依然難色を示している。UCSは今回の調査で「政権ぐるみの気候科学への介入が明らかになった」と同政権を厳しく非難した。

 調査結果は下院政府改革委員会の公聴会でも報告された。それによると、約300人の政府関係機関の気象学者のうち、46%が「気候変動」「地球温暖化」という言葉を削除するよう圧力を受けたことがあると回答。43%が、研究結果の科学的意味づけが変わってしまうような内容の変更を強いられていた。25%が、介入の結果、科学者が辞任したり研究への参加を辞退した例を知ったり経験したりしていた。

 公聴会では05年まで米政府機関の気候変動研究に携わったリック・ピルツ氏も証言。米石油業界関係者でホワイトハウス環境評議会の幹部が、研究報告書に手を入れて石油が地球温暖化に与える影響の印象を弱めようとした、などと主張した。

 政府改革委のワックスマン委員長(民主党)は、ブッシュ政権が気象関連研究の結果を操作しているとの批判が、長年あったと指摘。同委が調査目的で関連書類を求めてもホワイトハウスなど連邦機関が拒否している、と強い不快感を示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 11:54  

NOVA外国人講師7人、大麻など所持で逮捕

1月31日11時32分配信 読売新聞

 外国語会話教室大手「ノヴァ(NOVA)」の外国人講師仲間が、コカインや大麻を共同で隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課は31日、いずれもNOVAの英語講師で、カナダ人やオーストラリア人などの男計7人を、麻薬及び向精神薬取締法違反と大麻取締法違反の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕されたのは、米国人のエリン・バレンタイン被告(32)(東京都豊島区長崎)や、カナダ人のマイケル・ルシャート容疑者(35)(埼玉県川越市今成)ら。

 調べによると、バレンタイン被告は昨年11月19日午前3時ごろ、港区六本木の路上で警視庁麻布署員の職務質問を受けた際、所持品から、50回分の使用量に当たるコカイン粉末5袋(約1・5グラム)と、15回分の使用量の乾燥大麻約8・2グラムが見つかり、現行犯逮捕された。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 11:32 | 社会  

イラン原発が年末に稼働見通し、露が燃料提供

1月31日10時51分配信 読売新聞

 【モスクワ=瀬口利一】イランの核開発問題に関連して、ロシアのイーゴリ・イワノフ安全保障会議書記は30日の記者会見で、イラン南西部でロシアが建設を請け負うブシェール原発について、今年末にも稼働する見通しを明らかにした。

 イランに対する核燃料提供については、「技術的な計画がある。建設が終われば供給する時が来る」と述べ、年内に行われる可能性を示唆した。欧米諸国や日本は、イランの核開発を助長するとして、ロシアの燃料提供に反対している。

 イワノフ書記は、イランが使用済み核燃料をロシアに返還することで両国が合意している点を指摘。「国際原子力機関(IAEA)の厳格な管理」の元でイランへの原発支援を続ける姿勢を改めて強調した。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 10:51 | アジア・大洋州  

工場のアヒルが、しっぽつき卵を産卵―浙江省蘭溪市

1月31日10時38分配信 Record China

f0013182_11233915.jpg2007年1月29日、浙江省蘭溪市経済開発区のキン業ファスナー社で飼われている2羽のアヒルから、3個の「軟殻卵」が産み落とされた。

「軟殻卵」とは文字通り、殻がやわらかくてぶよぶよしている卵のことだ。大きさは普通の卵と同じ位、表面はざらざらとしていた。そして不思議なことに、3個全てにしっぽが付いており、まるでオタマジャクシのようであった。

飼育係の唐(タン)氏の話によると、この2羽のアヒルは工場内の芝生で育てられ、残飯などを餌にしているという。2日前から産卵が始まり、固い殻の卵もあったが全てにしっぽが付いており、工場や近所の人々を驚かせた。3つの軟殻卵は今日産んだばかりで、一番長いしっぽは10cmもある。奇怪な卵を見た人々は、思い思いに意見を述べ議論となっている。

専門家に聞いたところ、「出産中のアヒルは、外界の影響やショックで奇形卵を産む可能性がある」とのことだった。
[PR]

by deracine69 | 2007-01-31 10:38