<   2007年 10月 ( 397 )   > この月の画像一覧

 

中国で麻薬密輸の邦人被告の死刑確定

2007.10.23 12:55 産経新聞

 中国遼寧省瀋陽市の日本総領事館によると、同省高級人民法院(高裁)は23日、麻薬密輸罪に問われ1審で死刑判決を受けた森勝男被告(64)=福島県出身=の控訴を棄却した。森被告の死刑判決が確定した。

 中国で執行猶予の付かない死刑判決が確定したのは3人目。死刑が執行された場合、日本人が海外で刑法犯として極刑に処される初のケースとなるが、中国当局は国際的批判を背景に死刑執行について慎重に処理する傾向にあり、執行をすぐ承認するかは不明だ。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2007-10-23 12:55 | アジア・大洋州  

福田首相側へ4百万寄付、国事業受注の2社・衆院選直前に

10月10日14時7分配信 読売新聞

 福田首相が代表を務める自民党群馬県第4選挙区支部が、国から公共事業を受注していたジャスダック上場の設備工事会社「藤田エンジニアリング」(群馬県高崎市)とグループ会社から2003、05年の衆院選前に計400万円の寄付を受けていたことが分かった。

 民主党の馬淵澄夫衆院議員が10日の衆院予算委員会で指摘した。公職選挙法は、国と契約している業者から国政選挙に関して寄付を受けることを禁じているが、この設備工事会社の会長は、同支部の会計責任者も務めていた。

 同支部では、国と契約を結んでいた他の2社からも公示日前後に計220万円の寄付を受け、発覚後に返金しており、問題のある寄付は返金分も含め計4社、620万円となった。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 14:07 | 政治  

対ミャンマー援助で日本政府が困難な立場に

2007年10月10日 13:57 AFPBB News

 【10月10日 AFP】ミャンマーの反軍政デモ鎮圧時に日本人記者が死亡したことを受け、日本政府は対ミャンマー援助で困難な立場に立たされている。政府関係者などによると、日本政府は、アジアにおける中国の影響力拡大を懸念し、ミャンマーへの援助停止を決断できずにいるという。

 日本政府は、国際社会による一体的対応を欧米諸国が求めているにもかかわらず、ミャンマーに対する援助削減などの制裁措置を示唆しているものの、実行には移していない。

 日本政府の対応の背景には、中国の存在がある。中国はミャンマー最大の支援国であり、軍政に対する援助停止を拒否している。
 
 外務省高官は、ミャンマーに対する援助削減は容易だが、中国の援助があるため軍政側には大きな影響はなく、むしろ一般市民に悪影響がでるだろうと指摘。さらに、軍政へ圧力をかけるために中国の協力を求めることは、アジア地域における中国の影響力拡大に手を貸すことだと語る。

 日本は、欧米諸国との共同歩調を例外的に見合わせ、ミャンマーに対して人道支援を実施。同国最大の支援国の1つになっている。しかし、中国と異なり、日本政府はミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)さんの自宅軟禁に抗議して、2003年以降インフラ整備計画に対する低金利融資を停止するなど、軍政側に対し強い態度も示している。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 13:57 | 政治  

「自分で考えた」実家謝罪で時津風親方

10月10日13時38分配信 産経新聞

 大相撲の時津風親方(元幕内時津海)は10日、けいこ中に急死した元序ノ口時太山=当時(17)、本名・斉藤俊さん=の新潟市内の実家を訪れ、遺族に謝罪した。親方は9日に年寄「時津風」を継承したばかりで、師匠としての初仕事は相撲界を震撼(しんかん)させた“力士急死問題”へのけじめでスタートし、再建へ真剣な姿勢を見せた。

 時津風親方は10日朝、急遽(きゅうきょ)斉藤さんの遺族への謝罪のため新幹線で新潟市内に向かったという。同市北区の実家は窓のカーテンが閉められ、ひっそりとしていた。

 親方は午後、東京都墨田区の部屋に戻り、「昨日、部屋を継承して、自分で考えて、斉藤さんのところへ行くのが一番いいと思った」と謝罪に至った経緯を説明。「二度とこういうことがないように一生懸命指導し、みなさんに納得してもらえるよう、力士を育てていきたい」と語った。

 時津風部屋はこの日が新体制となって初めてのけいこだったが、朝げいこは親方不在で行われた。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 13:38 | スポーツ  

さらばジャンボ 燃費に難、世代交代へ

2007年10月10日13時26分 朝日新聞

 ジャンボの愛称で知られ、前方が盛り上がる2階建てのボーイング747型機が日本の空から消えつつある。超大型機で燃料を多く消費するため、天井知らずの原油高が直撃。航空会社が「満席でも経費に合わない」と、燃費が良い新型機への交代を急いでいるためだ。機長、副操縦士、航空機関士の3人が乗り組む旧型(在来型)はあと2年半で完全に消える。空の旅を身近にした名機だけに、惜しむ声が上がっている。

 94年の関空開港時、国際線の5割以上はジャンボだった。今は1割弱で、香港、台北、ソウルなど6路線の週50便だけだ。貨物便は3割余り残るものの、一般の人が乗れる機会は減っている。

 ジャンボは70年、日本航空の羽田―ハワイ線で日本にデビューした。席数は当時の主力機DC8の約3倍。日航は「空飛ぶ豪華船」と宣伝した。

 85年にDC8からジャンボの副操縦士に転じた若林一男機長(57)は「初めて離陸した時、まさに大型艦船が浮き上がる感じがした」と振り返る。操縦席の高さはビルの3階並み。地上が遠く見え、感覚が狂って車輪走行中につい速度を出しすぎるのに苦労した。

 席を埋めるために安いツアーが広まり、海外旅行は身近になった。若林さんは「年末年始はハワイの空港にずらっと日本のジャンボが並び、壮観だった」と懐かしむ。

 「ジャンボは航空をあらゆる面で変えた」と、日航広報部で歴史資料を収集する伊藤勝久マネジャー(59)は評する。女性客室乗務員が大量採用され、ビデオ、オーディオといった機内サービスも一般化した。

 空港が込み合う日本では大勢の人を一度に運べるジャンボが国内線でも重宝された。関西には77年の大阪(伊丹)―羽田線で初就航。85年に同路線の日航ジャンボが群馬県の山中に墜落し、520人が死亡した。

 騒音対策で伊丹空港は06年4月からジャンボの発着が禁止された。関空も国内線は全日空の羽田線1便のみ。

 エンジンが四つあるジャンボは燃料消費量が多い。エンジン二つでジャンボに近い席数を持つボーイング777型機(94年初飛行)と同じ東京―パリ間(約1万キロ)を飛ぶと、1回で約4万リットル(ドラム缶約200本分)かさむ。席が減った分を引いても年15億~20億円の差になるという。

 航空会社はジャンボの退役を急ぐ。ボーイングから世界最多の通算108機を購入した日航は、現59機のうち旧型10機は10月にまず1機が引退し、9機も10年3月までに全廃する。通算45機の全日空は06年に旧型を全廃し、機長、副操縦士の2人で飛べる新型についても、21機中7機の売却がすでに決まっている。

 次の空の主役は来年登場するボーイング787型機になりそうだ。全日空が50機、日航が35機を発注している。最大330席の中型機だが、ジャンボより60%程度燃費が向上するといい、両社は「2回飛ばしてもジャンボを1回飛ばすより安上がり」と期待する。

 一方、エンジンなどの運航状態を機内で見守ってきた航空機関士は、日航の旧型ジャンボとともに使命を終える。87年から乗ってきた広瀬正一さん(54)は「いつかこの日が来るとは思っていたが」と寂しがる。

 カーペットが敷かれた操縦室の豪華さには目を見張った。来日する米国の歌手マイケル・ジャクソンに操縦室を見せ、サインをもらった楽しい記憶もある。「ジャンボという本当に優れた飛行機で得た経験は後輩に伝えていきたい」と広瀬さんは願う。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 13:26 | 社会  

NHK経営委員長、「選挙中は慎重に」で釈明=民主、人事に不同意も

10月10日13時2分配信 時事通信

 NHK経営委員会の古森重隆委員長(富士フイルムホールディングス社長)は10日午前、民主党の政調部門会議に出席、選挙期間中は歴史物などの放送を慎重に行うようNHKに求めたことについて、「一般論を言っただけで、個別の番組に注文を付けてはいない」と釈明したが、民主党側からは批判が続出した。

 古森委員長は9月11日に開かれた経営委員会で、「選挙期間中の放送については、歴史物など微妙な政治的問題に結び付く可能性もあるため、いつも以上にバランスに注意してほしい」と要請していた。

 一方、この日の会議では、衆参両院の同意が必要なNHK経営委員人事について、民主党関係者から「今後同意しない場合もあり得る」との意見も出た。

More
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 13:02 | 政治  

<オノ・ヨーコさん>「イマジン」タワー建立 アイスランド

10月10日12時12分配信 毎日新聞

 元ビートルズの故ジョン・レノンさんの妻オノ・ヨーコさんが、世界平和への願いを込めて建てた「イマジン・ピース・タワー」の除幕式が9日夜、アイスランドの首都レイキャビク沖の小島で行われた。平和を追求した夫にささげたもので、出席した200人が見守る中、地面から放たれた青い光が夜空を照らした。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 12:12 | ヨーロッパ  

愛する我が子を醤油漬け

10月10日12時0分配信 NNA

 大連の劉さん宅で大事件が起きた。生後1年にも満たない息子がある日、テーブルのポットを倒して足をやけどしたのだ。

愛する我が子の危機に、劉さんは大慌てで近所の雑貨店へダッシュ。店中の醤油を買って帰ると、息子を洗面器いっぱいの醤油の中につけ込んだ。ただでさえ痛い傷口に醤油が染みて大泣きする赤ちゃん。その悲鳴で我に返った劉さんは、ようやく病院へ向かった。

 劉さんがこうした行動に走ったのは、中国では「やけどは醤油で治る」という“民間療法”があるため。このほかにも、塩や歯磨き粉を塗り込むべし、とする説もあるという。ただ、劉さんの息子を診察した医師は「今度からは醤油でなく水で冷やして下さい」と話している。【2日・半島晨報】
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 12:00 | アジア・大洋州  

広東省で日本人工場長誘拐騒ぎ、犯人グループ男女3人逮捕

10月10日11時59分 読売新聞

 【香港=吉田健一】中国広東省深セン市で今月5日、日系金属プレス部品製造会社で工場長を務める日本人男性が誘拐され、翌6日に無事保護された。(センは土ヘンに川)

 在広州日本総領事館や中国紙によると、同社から5日、地元警察当局と同総領事館に対し、工場長が誘拐され、身代金30万香港ドル(約450万円)を要求されたと通報があった。警察の私服捜査員が6日、身代金受け渡し場所に指定された深セン駅で張り込んでいたところ、男2人、女1人の犯人グループが乗用車で現れ、その場で逮捕、車内にいた工場長を救出した。

 9日付の香港紙「東方日報」などによると、工場長は犯人の女と顔見知りだったという。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 11:59 | アジア・大洋州  

公明・北側代表「小沢氏は説明を」

10月10日11時58分配信 産経新聞

 公明党の北側一雄代表は10日午前の記者会見で、民主党の小沢一郎代表の資金管理団体が所有する不動産から賃貸収入を得ている問題について、「不動産を保有、資産運用し、利益を上げることは政治資金規正法上は許されていない。問題が全くないとはいえず、説明責任を果たしていただく必要がある」と指摘した。また北側氏は「政治資金団体で不動産を保有する必要が本当にあるのかという疑問もある」と述べ、小沢氏に説明を求める考えを強調した。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 11:58 | 政治