<   2008年 04月 ( 629 )   > この月の画像一覧

 

ベトナムで違法スト頻発 労使交渉せず突然欠勤、外部に扇動者も

2008年4月30日 読売新聞

 日本企業の進出ブームが続くベトナムで、賃上げを要求して違法なストライキが頻発し、政府が規制に乗り出した。足元のストはほぼ沈静化したが、背景にある急速なインフレは収まる気配がなく、外資系企業はストの再燃に神経をとがらせている。(実森出、写真も)

◆進出ラッシュ

 住友商事は3月、ハノイ近郊で「第2タンロン工業団地」の起工式を行った。全体で220ヘクタールを整備する計画のうち、7月に約150ヘクタール分を販売する予定だ。

 約30キロ・メートル離れた場所で2000年に開業したタンロン工業団地では、キヤノン、松下電器産業などの日本企業を中心に82社が操業している。ここから07年に輸出された製品はベトナムの輸出額全体の3・3%を占め、日系メーカーの存在感は高まっている。

 安い労働力に着目し、中国や韓国、台湾企業の進出も相次いでおり、日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、ベトナムでは昨年9月時点で92か所の工業団地が整備され、62か所で開発が進められている。

◆「負」の側面

f0013182_5582818.jpg ただ、最近は投資環境の「負」の側面として、違法ストが深刻化してきた。

 ベトナムでは外資を含む各企業に労働組合があるが、ストは労組を通じた正式な労使交渉などはせずに、従業員が突然欠勤するなどの違法な形が実態という。

 こうしたストは06年ごろから増え始め、07年は530件、08年は1~3月で100件に達した。昨年までは韓国や台湾企業が中心だったが、08年に入って日本メーカーでも目立つようになり、ハノイの日本大使館によると被害は30~40社にのぼる。ストの頻発は、04年から続く物価の上昇が要因だ。最近の消費者物価指数は前年同月と比べた上昇率が20%を超え、労働者は賃金の実質的な目減りに不満を募らせている。

 ベトナムでは、違法ストでも労働当局が「一方的に調停に乗り込んでくる」(日系企業)ケースが一般的だ。その結果、賃上げで決着する場合が多く、労働者からの成功報酬などを目当てに「ストをあおる外部の扇動者もいる」という。

 実際、日系電機メーカーの工場では、2月に社外の人物が従業員4000人の出勤を妨げるなどしたため、数日間の生産停止に追い込まれた。関係者は「いきなりストに入られ、当初は交渉相手や要求内容がわからず、手の打ちようがなかった」と話す。調停の末、4月の定期昇給を数か月前倒しすることで収まった。

◆沈静化対策

 日本経団連などの要請も踏まえ、ベトナム政府は1月、違法ストの参加者に最大で給料3か月分の賠償金を課すことを決めるなど、「スト退治」に乗り出した。放置すれば海外からの投資が鈍り、経済成長に影響する懸念があるからだ。

 ホーチミンの日本商工会では、建物に落書きされるといったストの兆候を見分ける「違法争議対応マニュアル」を作り、会員企業に配布した。住友商事の岡素之会長は「正規のストを問題視しているわけではない。違法なストが問題なのだ」と強調する。

 政府の対策などの効果もあり、現在、違法ストはほぼ影を潜めているが、急激なインフレが収まる気配はなく、賃上げを求める声は続くと予想される。スト再燃の恐れもあり、低賃金が魅力の一つだった日本企業のベトナム戦略に影響が出てくる可能性もある。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 23:59 | アジア・大洋州  

暫定税率復活 経済界「やむなし」も一般財源化では見解分かれ

2008.4.30 20:40 MSN産経ニュース

衆院本会議後、臨時閣議に臨む福田首相=30日午後、国会 ガソリン税など暫定税率復活にかかる歳入関連法案の衆院再議決について、経済界では「国、地方を通じた財政事情への影響が大きく、参院が議決しない以上やむを得ない」(日本経団連・御手洗冨士夫会長)との声が大勢を占めた。

 ただ、道路特定財源の一般財源化には、経済同友会の桜井正光代表幹事(リコー会長)が「一般財源化で与野党はおおむね一致しており、早急な対応を求める」と賛意を示す一方、日本商工会議所の岡村正会頭(東芝会長)は「必要な道路を早期に整備し、地方活性化を目指してほしい」と立場の違いをみせた。

 また、ガソリン価格の混乱を受けた石油連盟の渡文明会長(新日本石油会長)は、「(4月初めの給油所値引き販売に伴う)在庫課税の特例を求めたが、何の措置もなく残念。道路財源に余剰が出れば国民に返すのが道理」と苦言を呈した。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 20:40 | 経済・企業  

インドネシア、鳥インフルで新たな感染死者・ジャワ島中部で

2008年4月30日 日本経済新聞

 【ジャカルタ=代慶達也】インドネシア保健省は30日、毒性の強いH5N1型の鳥インフルエンザでジャワ島中部の3歳の少年の死亡が確認されたと発表した。感染死者数は108人となった。これまで感染はジャワ島西部のジャカルタ首都圏中心だったが、ジャワ島中部の農村地帯にまで拡大しており、政府は死んだ鶏と接触しないように住民に呼び掛けている。

 感染が確認されたのは4月23日に死亡した中部ジャワ州ソロ郊外の少年。今年に入ってインドネシアでは14人が死亡したが、大半はジャカルタ首都圏だった。地方の州政府は中央政府以上に財政難のため、鶏処分など感染対策はほとんど実施されていない。(20:01)
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 20:01 | アジア・大洋州  

聖火リレー、香港でも「ムード演出」 活動家ら締め出し

2008年04月30日19時51分 朝日新聞

 【香港=奥寺淳】北京五輪の聖火が30日、中国では最初のリレーが5月2日に開かれる香港に到着した。五輪開幕まで100日の祝賀ムードを盛り上げるイベントが繰り広げられた一方で、人権活動家らの入国は軒並み拒否。「一国二制度」で言論の自由が保障された香港で、異例の締めつけぶりになっている。

香港立法会の前で北京五輪支持を叫び、妨害活動に抗議する議員ら=30日、中田徹撮影

 午後2時、聖火が香港の空港に降り立った。招待された赤いジャージー姿の小学生らが、中国国旗「五星紅旗」と赤い香港の旗を振って迎える模様を、テレビ各社が生中継する気合の入れようだ。

 五輪に関して中国本土より冷静な香港も、この日は歓迎一色。立法会の前で親中派議員らが「中国頑張れ」「五輪の破壊活動は許さない」と声を張り上げた。

 これに対し、抗議活動への締めつけは異例な厳しさとなっている。香港で抗議を予定していたデンマーク人の彫刻家ら3人が26日に入国を拒否されたのに続き、29日にもカナダ籍のチベット支援者や中国籍のジャーナリストら少なくとも5人が入国を許されず強制退去に。宗教セミナーに参加するために来たとされるチベット人僧侶も入国を拒まれたと香港紙は伝えた。

 デモなどをする可能性のある人物は徹底して排除し、聖火リレーを混乱なく乗り切る構えだ。中国政府の意向を受けたとみられる措置に地元紙の一部は「やりすぎだ」と指摘。報道の自由を求める国際団体のメンバーが集まり、口にタオルを巻いて「表現の自由が侵されている」と訴えた。リレー当日は、天安門事件の追悼集会を毎年開く団体や学生らが、人権改善や政治犯釈放などを求めるデモ活動を計画。警察当局は最大3千人を動員して警備に当たる。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 19:51 | アジア・大洋州  

スーチーさんは政治プロセスから完全排除

毎日新聞 2008年4月30日 19時08分

 【バンコク藤田悟】ミャンマーのテインセイン首相は30日、訪問先のバンコクでタイのサマック首相と会談し、当面の政治プロセスについて説明した。テインセイン首相は2年後に予定する総選挙後、軍は政治に関与しないと述べる一方、自宅軟禁中の民主化運動指導者、アウンサンスーチーさんは政治プロセスから完全に排除する意向を示した。

 サマック首相は会談後、「ミャンマーはスーチーさんを解放しないだろう。彼女を棚上げにしてしまうつもりだ」と述べ、テインセイン首相がスーチーさんの解放や政治参加に終始消極的だったことを示唆した。

 5月10日の国民投票で賛否が問われる新憲法案では「外国の影響や恩恵を受けた者」は総選挙に立候補できない規定で、英国人と結婚していたスーチーさんを政治的に排除する内容になっている。

More
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 19:08 | アジア・大洋州  

橋下知事、連合系メーデー欠席へ 「民主党色強すぎる」

2008年04月30日19時07分 朝日新聞

 大阪府の橋下徹知事は30日の記者会見で、5月1日に大阪市中央区で開かれる連合系のメーデーについて「民主党という党の色合いが出過ぎのところもある」と述べ、欠席することを明らかにした。

 橋下知事は1月の知事選で自民、公明両党の支援を受け、対立候補は民主党と連合大阪が支援した。欠席について「僕は自民、公明の支援で出てきたので。選挙は戦ですから。ちょっと、控えさせてもらいたい」と説明した。

 府労政課によると、連合大阪のメーデーには知事が出席するのが通例で、太田房江前知事は毎回出席した。連合大阪幹部は「歓迎の態勢だったのに残念だ」と話した。昨年11月の大阪市長選で民主党や連合大阪が推した平松邦夫市長は出席する予定。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 19:07 | 行政・公務員  

チベット・ウイグル:両民族への弾圧続く 都内で講演会

毎日新聞 2008年4月30日 18時44分

 チベット亡命政府のテンジン・テトン元主席大臣(首相に相当)と、亡命ウイグル人で組織する「世界ウイグル会議」のドルクン・エイサ事務局長が30日、東京都内で講演し、両民族に中国当局の弾圧が続いていると主張した。

 テトン氏はチベット自治区での3月の暴動以降、中国当局に殺害されたチベット族は少なくとも150人に上ると指摘。「ラサの火葬場に毎日、遺体がトラックで運ばれ、物のように扱われている」と惨状を訴えた。

 少数民族地域では2人以上の出産が認められているが、エイサ氏は「中国は2人目を妊娠したウイグル人女性を強制中絶させている」と話し、北京五輪前に約束した人権改善が進んでいない状況を説明した。【篠田航一】
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 18:44 | アジア・大洋州  

予定通りデモ実施へ=香港民主派団体

2008/04/30-18:30 時事通信

 【香港30日時事】香港の民主派団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」(支連会)の司徒華主席は30日、同地で北京五輪聖火リレーが行われる5月2日に合わせて、中国の民主化を求めるデモを予定通り実施すると語った。地元ラジオが伝えた。

 支連会は平和的にデモを行うとしている。警察のスポークスマンによると、この日にデモを予定しているのは今のところ支連会だけだが、ほかの複数の団体が支連会のデモに合流する可能性もあるという。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 18:30 | アジア・大洋州  

人民元など外国貿易の決済通貨に追加、ミャンマー軍政

2008.04.30 17:20 CNN

中国の国営・新華社通信は30日、ミャンマー(ビルマ)政府が外国貿易の決済通貨としてシンガポール・ドルと中国・人民元の追加指定を検討していると伝えた。地元メディアの報道を引用している。

これまでの決裁通貨は米ドル、英ポンド、円、スイス・フランと欧州連合(EU)のユーロ。人民元などの追加は、野党弾圧や人権侵害など受け、米政府が2003年以降に打ち出した経済制裁による影響を克服する試みともなっている。

人民元の利用は最初に、国営の3銀行で取り扱う。シンガポール、中国ともミャンマーとは経済関係の結び付きが強い。

新華社によると、ミャンマーの2006年─07年の外国貿易総額は約80億米ドル相当で、過去18年間で最高額となっている。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 17:20 | アジア・大洋州  

給油所支援に限界も=値上げ抑制競争を懸念-経産省

4月30日17時0分配信 時事通信

 1日の揮発油(ガソリン)税の暫定税率復活に伴い、経済産業省はガソリンの値上げ抑制競争の激化を懸念している。消耗戦が続けば、全体の5~7割が赤字とされるスタンド業界で倒産が相次ぐ恐れがあるからだ。スタンドの借入金に対する利子補給などの金融支援策を拡充して混乱回避を目指すが、効果の限界もささやかれる。

 全国4万4000店のスタンドの多くが、失効直後から1リットル=25円の暫定税率を課された在庫を抱えたまま、赤字覚悟で値下げに踏み切った。損失額は1店当たり80万円程度に膨らんだが、経産省は「復活後の影響の方が大きくなる可能性がある」(幹部)と警戒する。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-30 17:00 | 経済・企業